NEWS

(一社)日本シングルマザー支援協会×グラミン日本×MAIA 3社が女性のDX人財化と就労を支援!第一期生、募集開始。

2022.05.14

ーシングルマザー向け『でじたる女子』プログラムを提供。デジタルスキルによる女性の社会参画、経済的自立の実現を目指すー

一般社団法人日本シングルマザー支援協会(本社:神奈川県横浜市、代表理事:江成 道子、以下「日本シングルマザー支援協会」)と一般社団法人グラミン日本(所在地:東京都中央区、理事長:百野公裕、以下「グラミン日本」)と株式会社MAIA(本社:東京都港区、代表取締役:月田有香、以下「MAIA」)は、コロナ禍で生活困窮に追いやられているシングルマザーをはじめとした女性にむけ、マイクロファイナンスによる教育費用、デジタル・ビジネススキル研修、就労・キャリア支援を一貫して提供するプログラム『でじたる女子』を5月11日(水)より新たに実施、受講生募集を開始する運びとなりましたので、お知らせいたします。

世界経済フォーラムが公表した「ジェンダー・ギャップ指数2021」によると対象国156ヵ国中、日本は120位と低位にあり、特に低い「経済参画」では「労働参加率の男女比」「賃金の男女格差」などの課題が挙げられています。
また内閣府男女共同参画局が公表した「女性活躍・男女共同参画の現状と課題」では、ひとり親世帯の中でも母子世帯における非正規就労率が50%を超え、平均年間就労収入は200万円となる現状が示され、長引くコロナ禍で女性の自殺者が増加している社会の状況に対する強い危機感が見られます。

こうした課題を解決すべく、日本シングルマザー支援協会、グラミン日本、MAIA、は、それぞれが持つ知見やサービスを掛け合わせ、シングルマザーをはじめとした女性のITスキル向上に特化したデジタル関連の育成プログラム『でじたる女子』を新たに提供いたします。

本プログラムは、グラミン日本がマイクロファイナンスにより教育費用を支援し、5人一組でのメンタリングサポートを行いながら、MAIAが「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」もしくは「SAP(SAP社のERPシステム)」に関するオンライン教育を実施しDXスキルを習得、MAIA及び日本シングルマザー支援協会のキャリアサポートの下、ソーシャル・リクルーティング・プラットフォームを通じて業務委託や正規雇用に結びつける、一貫性のある独自のキャリアプログラムです。

前身となるグラミン日本のシングルマザー向けの教育プログラムの受講生はIT企業への正社員としての就職や、フリーランスとして業務を受託するなどの成果を生み出しており、『でじたる女子』第1期となる今回は、本プログラムを通じて3ヵ月間で50名の女性に就労機会を提供することを目指します。

『でじたる女子』概要

『でじたる女子』では、3ヵ月の期間に次の内容を学びます。プログラムはすべてオンラインで提供されます。

1)共通学習

●金融トレーニング(基礎的な金融知識や資産形成に関する内容)
●ビジネス基礎(ロジカルシンキングやタスク管理など)
●テレワーク基礎(オンライン会議システムやSlackなどITツールの使用方法)

2)ITスキルプログラム

※下記の2コースより選択
●RPAラーニング(合計160時間)
●SAPラーニング(合計180時間)

3)メンタリング・キャリアサポート

●1on 1 形式の面談(毎月1回)
●5人1組 形式の振り返りミーティング(毎週1回)
また受講終了後、キャリアカウンセリングを経て、クライアントのプロジェクトへのアサインなど就労機会をマッチングいたします。

なお、プログラム詳細はこちらのホームページ(https://www.maia.co.jp/digital-woman)をご覧ください。

■一般社団法人 日本シングルマザー支援協会について

一般社団法人 日本シングルマザー支援協会は、 女性が子どもを育てながら働きやすい社会を目指し、 2013年に設立された団体です。
代表理事:江成道子
会員数:8,700 名(2021年12月時点)
事業内容:シングルマザー自立支援、 女性起業支援、 企業コンサルティング、 各種研修事業 行政受託事業、 地方移住支援
URL: https://xn--qckmb1noc2bzdv147ah7h.com/
就職・転職がうまくいく「年収アップ」の支援、 仲間が増える「コミュニティ」、 人間関係が円滑になる「コミュニケーション力」を提供しています。 それを体系化し「M E S(ミーズ)」というシステムの基、 女性の経済的、 精神的自立を支援しています。

​■グラミン日本について

ムハマド・ユヌス博士により、バングラディッシュに設立されたマイクロファイナンス機関「グラミン銀行」の日本版として2018年に設立。グラミン銀行は、生活困窮層の自立を支援した功績により2006年にノーベル平和賞を受賞しました。
「誰もがいきいきと社会で活躍する持続可能な社会」の実現をビジョンに掲げ、主に生活困窮の状態にある女性に対して、生活資金ではなく「起業や就労の準備資金」を融資するマイクロファイナンスと、多様なパートナーとの共創によって生まれる「一歩を踏み出す機会」を提供することをミッションとしています。
私達は、チャンスを願い、一歩を踏み出そうと想う人々の伴走者として、共に歩み続けます。
バングラデシュの経済学者 ムハマド・ユヌス博士が設立した、貧困層に無担保で小口融資を行うグラミン銀行の日本版として2018年設立。
「貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会へ」をビジョンに掲げ、貧困や生活困窮の状態にある方々に低利・無担保で少額の融資を行い、こうした方々が起業や就労によって貧困や生活困窮から脱却し自立するのを支援するマイクロファイナンス機関。
これまでの金融ではカバーされなかった人たち、たとえば働く意欲はあっても今は生活が苦しい母子家庭や若者に、生活資金ではなく、「起業や就労の準備のためのお金」を融資します。グラミン日本は、働く場所があるということが真の意味で人を貧しさから救う、そして融資資金はそのための種(シード)になると考えています。
https://grameen.jp/

18 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る