NEWS

インバウンドサミット2022 実行委員会 今こそ、日本の底力を!「インバウンドサミット2022」開催。観光庁・和田長官、刀・森岡毅氏が登壇

2022.05.21

インバウンドサミット2022実行委員会は、2022年7月2日(土) 13:00より、全国の観光事業者や自治体を対象にした大規模なオンラインカンファレンス「インバウンドサミット2022」を開催します。

新型コロナウイルスの影響が長引き、日本の観光業界は依然として厳しい状況に置かれています。しかし、日本の持つ魅力は変わらず、長期的にインバウンド観光が日本の成長戦略の柱であることに変わりなく、今後、水際規制が緩和されると、真価が問われる状況がやってきます。

今年の「インバウンドサミット2022」では、基調講演と対談に、和田浩一観光庁長官と株式会社刀の森岡毅代表取締役CEOをお迎えすることが決定しました。「日本の底力」をテーマに、官、民を含めて今後の日本の観光に携わるすべての方々が進むべき道について議論が行われます。その後のセッションでは、日本のインバウンド観光のリーダー約100名が集合し、文化、環境、人材育成、組織論などあらゆる角度から議論を展開します。

概要

・イベント名:インバウンドサミット2022 − 日本の底力 −
・開催日時:2022年7月2日(土) 13:00〜18:00
 - 13:20-14:00  基調講演 刀 森岡毅氏「観光活性化の武器(仮)」

 - 14:00-15:00  対談 観光庁長官 和田浩一氏 × 刀 森岡毅氏
・開催方法:オンライン&オフライン ※オフライン会場はメディア及び関係者限定です。
・参加費:無料
・参加方法:事前登録制
・申し込み:https://inbound-summit.com/
・主催:インバウンドサミット2022実行委員会 (実行委員長 原忠之 セントラルフロリダ大学准教授)

基調講演&対談

〈基調講演〉
時間:13:20-14:00
登壇者:株式会社刀 代表取締役CEO 森岡毅氏
タイトル:「観光活性化の武器(仮)」

〈対談〉
時間:14:00-15:00
登壇者:観光庁長官 和田長官 × 刀 森岡毅氏
テーマ:「日本の底力」
和田 浩一氏(観光庁長官)

和田 浩一氏(観光庁長官)

1986(昭和61)年東大法卒、87年運輸省(現・国交省)に入省。2017年国交省航空局次長、18年観光庁次長、19年国交省航空局長などを歴任。埼玉県出身。
森岡 毅 氏(株式会社刀 代表取締役)

森岡 毅 氏(株式会社刀 代表取締役)

日本を代表する戦略家・マーケター。高等数学を用いた独自の戦略理論等一連の暗黙知であったマーケティングノウハウを形式知化した「森岡メソッド」を導入し、経営危機にあったUSJをわずか数年で劇的に経営再建した。その使命完了後、2017年、マーケティング精鋭集団「株式会社刀」を設立し、「マーケティングとエンターテイメントで日本を元気に」という大義の下、数々のプロジェクトを推進、早くも抜群の実績を上げるとともに、沖縄テーマパーク事業の実現に向け邁進中。主な著作に『 USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』等がある。

インバウンドサミット2022にかけるメッセージ

2020年5月、コロナ禍で先が見えなくなった時期に、「今だからこそできるインバウンド観光対策」というFacebookグループが立ち上がりました。約2年で3500名を超す意志がある方が参加。オンラインコミュニティの活動を通して、人の交流による知の共有の可能性について強く実感しました。

インバウンド業界は遭遇したことのない嵐の中にいます。新型コロナウイルスによって国際観光がストップし、2019年に4.8兆円あった市場が消滅。未だに先行きが見えない状態が続いています。

現在、日本は観光目的での旅行者の入国を禁止しています。水際規制が緩和された後、どのすればこのピンチをチャンスに変えられるでしょうか。官と民、民と民の連携をより一層強化することで、戻ってくるであろう訪日客に対して、2019年以前よりも高い価値、各国間の競争に打ち勝てる価値を提供できると考えています。

昨年のインバウンドサミットでは、100名のリーダーが登壇し、3600名もの方がリアルタイムで参加しました。各々の戦略や草案を共有しあい、それを契機に様々な横のつながりが生まれました。
今年で第3回になるインバウンドサミットのテーマは、「日本の底力」です。

観光の枠に囚われない日本が持つ底力、可能性を多様なメンバーによって議論していきます。そして、議論で終わらせずに、より有機的な連携を作り出し、草案をまとめ、日本がとるべき方針をまとめていきます。
是非、多くの方のご参加をお待ちしています。

インバウンドサミット2022
実行委員長 原忠之

インバウンドサミット2022 実行委員会

インバウンドサミット2022の運営及び開催のための組織委員会。日本国内のインバウンド観光関係者に対して、今後のインバウンド観光に必要なノウハウおよびネットワークを提供しています。

【協賛に関する連絡】
本イベントへの協賛にご関心ある企業の方は、以下のフォームまでお問い合わせください。
後日、事務局(株式会社MATCHA)より詳細をお送りいたします。
https://forms.gle/oDM8LFvcvkrxkgLt7
【お問い合わせ先】
インバウンドサミット2022実行委員会(事務局:株式会社MATCHA)
・メール:sales@matcha-jp.com
・電話:03-6822-2023
12 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る