NEWS

㈱Hagakure 「Webマーケティングの必要性を感じたきっかけ」第一位は「コロナ禍による影響で売上が下がった」第二位は?

ー社員のWebマーケティングスキル習得に関する調査ー

Webマーケティングスクール「デジプロ」を運営する株式会社Hagakure(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:奥 雄太)は、「社員のWebマーケティングスキル習得に関する調査」を実施しました。今回の調査は、「社員のWebマーケティングスキル向上を目指している経営者」1,003名を対象に実施したものです。

調査結果サマリー

・Webマーケティングスキルが必要だと感じるようになったきっかけは「コロナ禍による影響で売上が下がった」が最多の39.1%。
・Webマーケティングスキルの必要性を感じているものの何も取り組みができていない企業が2割超。
・社員のWebマーケティングスキル向上における課題は、「必要なWebマーケティングスキルの具体化」が37.2%で最多。

本調査実施の背景

新型コロナウイルスの蔓延は、企業の営業活動に大きな影響を及ぼしました。今までDMや展示会、セミナーなどオフラインの営業活動が中心だった企業は、Webを活用した営業活動を中心にせざるをえなくなり、社員のWebマーケティングスキル向上が急務となりました。

今回、累計受講者数No.1(※)のWebマーケティングスクール『デジプロ』(https://degipro.com/)を運営する株式会社Hagakureは、社員のWebマーケティングスキル向上の実態に迫るべく、「社員のWebマーケティングスキル習得」に関する調査を実施しました。

企業は社員のWebマーケティングスキル向上に向けてどのような取り組みを行っているのか、また、取り組む中でどのようなハードルにぶつかっているのか、調査の結果を公表することで、1社でも多くの企業がWebマーケティングスキル向上を実現するきっかけとなれば幸いです。

(※)2021年9月期 Webマーケティングスクール指定領域における競合調査(日本マーケティングリサーチ機構調べ)

調査結果について

社員のWebマーケティングスキルを必要としている業種と事業規模の傾向

はじめに、ご自身が経営する企業の業種、従業員数を伺ったところ、以下の結果となりました。

〇経営する企業の業種
『卸売・小売(17.6%)』『通信・インターネット・情報処理サービス(14.5%)』『経営コンサルティング(7.2%)』『医療・福祉サービス(6.7%)』『印刷・広告・デザイン(5.3%)』『飲食業(5.3%)』『マスコミ・エンターテインメント(4.0%)』『趣味・レジャー・旅行(3.9%)』『物流・宅配・倉庫(3.8%)』『教育・資格(3.7%)』『美容・健康サービス(1.8%)』『引越(0.6%)』『結婚・恋愛サービス(0.5%)』『起業・フランチャイズ(0.5%)』『その他(24.6%)』

〇経営する企業の従業員数
『5人以下(24.6%)』『6人~20人(24.5%)』『21人~50人(15.0%)』『51人~100人(10.9%)』『301人以上(9.4%)』『101人~150人(6.4%)』『151人~200人(4.0%)』『201人~250人(3.2%)』『251人~300人(2.0%)』

『卸売・小売』『通信・インターネット・情報サービス』の割合が比較的高いものの、さまざまな業種の方から回答が得られた一方で、従業員数は50人以下が6割を超え、小規模の企業経営者が圧倒的に多いことが分かりました。

限られた人材で効率良くWebマーケティングを行っていくためにも、社員一人ひとりのWebマーケティングスキルが非常に重要だと考えている経営者は多い様子がうかがえます。

【営業部・マーケティング部だけとは限らない!?】Webマーケティングスキルが必要な部署とは

では、社内のどの部署で特にWebマーケティングスキルを必要としているのでしょうか。
「特に社員のWebマーケティングスキルを必要としている部署を教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『営業部(42.2%)』という回答が最も多く、次いで『マーケティング部(24.2%)』『総務部(22.8%)』『経理部(14.3%)』『人事部(14.2%)』と続きました。

「Webマーケティング」はその言葉通り営業部やマーケティング部にとって非常に重要なのは想像に難くないですが、総務部や経理部など、一見するとマーケティングにはあまり関係ないような部署についても、社員のWebマーケティングスキルを必要としている企業は決して少なくないようです。

〇以降の結果
『情報システム部(13.3%)』『開発部・技術部(12.3%)』『全ての部署(11.5%)』『事業部(8.4%)』『法務部(5.9%)』『製造部(3.2%)』『物流部(2.2%)』

『全ての部署』が1割を超え、あらゆる部署で社員のWebマーケティングスキルを必要としている企業もあることが分かりました。

■メインで行っている集客・販促戦略と社員のWebマーケティングスキルが必要と感じたきっかけ

では、現状の集客・販促は主にオンライン(インターネット広告、リスティング広告、SNSによる告知や広告など)とオフライン(チラシ、DM送付、屋外広告、新聞・雑誌・TV・ラジオ等への広告など)のどちらで行っているのでしょうか。

「ご自身の企業の集客・販促はオンラインとオフラインのどちらがメインですか?」と質問したところ、『オンラインがメイン(32.3%)』『オフラインがメイン(41.9%)』『オンライン・オフラインどちらも同程度の割合(25.8%)』という結果となりました。

インターネットが普及して久しいこともあり、オンラインでの集客・販促にも力を入れている企業が多い一方で、未だオフラインでの集客・販促がメインという企業も4割を超えるようです。
では、どのようなきっかけで社員のWebマーケティングスキルを必要だと考えるようになったのでしょうか。

そこで、「社員のWebマーケティングスキルが必要だと考えるようになったきっかけを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『コロナ禍による影響で売上が下がった(39.1%)』という回答が最も多く、次いで『withコロナの時代に合った集客方法が必要だと感じた(35.3%)』『事業拡大などに伴いマーケティング活動を本格化したい(31.7%)』『Webマーケティングが当たり前となっており基本的なITリテラシーを身に付けてもらいたい(28.5%)』『社員教育を充実させる必要があると感じた(22.7%)』と続きました。

今般のコロナ禍による外出自粛要請や営業自粛要請などの影響を受け、生活のあらゆる面においてオンライン化が加速しました。
そのため、実店舗での売上が減少したり、巣ごもり需要などwithコロナの時代に合った集客が必要になったりといったきっかけで、社員のWebマーケティングスキルが必要になった方が多いようです。
また、社員に基本的なITリテラシーを身に付けてもらうためにはWebマーケティングスキルが必要だと考える経営者も少なくない様子がうかがえます。

〇以降の結果
『DX推進が加速している(19.7%)』『SDGs推進が加速している(13.8%)』『マーケティングのコストが増加している(10.8%)』『PDCAサイクルがあまり効果的に回っていない(10.4%)』

DX推進やSDGs推進など、企業活動の大転換期を迎えていることも、社員のWebマーケティングスキル向上に関係していることが読み取れます。

35 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る