NEWS

㈱ふくおかFG 『九州 Re-Branding Fund』を活用した地域総合商社事業におけるブランディングサポート実績 を発表

2022.05.22

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(取締役社長 五島 久、以下「FFG」)は地域活性化を始めとした地方創生の取組みを進めており、iBankマーケティング株式会社(代表取締役社長 明石 俊彦、以下「iBank社」)が行う「地域総合商社事業」と連携し、九州の魅力をカタチにするための補助金制度「九州 Re-Branding Fund」(以下、本ファンド)を活用したブランディングサポートを実施しております。本ファンドは、2021年9月にFFGが新設したもので、九州及び山口県内の事業者の皆さまに対して、iBank社が提供する「ブランディングサポート」費用の7割(上限50万円)を補助する制度です。

トキメクデザイン社のブランディングサポート内容、取組の経緯

トキメクデザイン社は、福岡県糸島市にSDGsをテーマにしたアウトドア複合施設をグランドオープン。
当施設のオープニング特別記念企画としてPRや本企画特別プランである宿泊チケットのプロモーションをエンニチ FUNDINGで実施するために必要な原稿やイラスト制作、グランピング施設の写真撮影について、本ファンドを活用。

取組みの成果物

販路

【ご参考】九州 Re-Branding FundおよびiBank社が実施するブランディングサポートの概要

ブランディングサポートの概要

商品・サービスの新規開発や既存商品のリブランディング、新たな顧客の獲得といった地域の事業者の皆さまが抱えるマーケティング上の様々な課題に対し、『ブランディングサポート』メニューとして、①デザインサポート、②マーケティングサポートを提供致します。


【① デザインサポート】
・デザインサポートでは出品者(予定者を含む)からの相談に基づき、iBank社が有するネットワークを活用してデザイナーをはじめとした様々なクリエイターをご紹介します。
・これらのクリエイターと出品者との間で打合せを行い、商品パッケージや広告宣伝物などの制作を行います。


【② マーケティングサポート】

・マーケティングサポートでは出品者(予定者を含む)からの相談に基づき、ワークショップ等を実施して商品のターゲットやコンセプトを再整理することでマーケティング戦略の立案をサポートします。
・上記ワークショップは、事業サポーターの株式会社電通九州と協業しながら実施します。

26 件
〈 2 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る