NEWS

㈱ハート オーガニックコットンの廃棄材を活かしたクッションなどインテリア製品を発表

高知県大豊町の自然豊かな森から、ゼロ・ウェイストを目指したエシカルな取り組みを提案

株式会社ハート(代表取締役:山岡弘章、本社所在地:高知県高知市)の認証オーガニック寝具ブランド「SaFo(サフォ)」は、「Use it all (使い切る)」をコンセプトに製造過程で「ゴミ」として廃棄される未活用資材を活かし、製品化させた新作「オーガニックコットンファー」素材のクッション、オットマンなどのインテリア商品、新色のオーガニックコットンタオルなどの展示、及び受注会を、東京ビックサイト「インテリア ライフスタイル 2022」2022年6月1日~3日(東京ビックサイト西2展示棟)にて開催致します。
≪展示・受注会詳細≫
SaFo「〜Use It All(使い切る)〜展示・受注会」
期間|2022年6月1日(水)〜6月3日(金)
会場|東京ビックサイト「インテリア ライフスタイル2022」(西2展示棟)
場所|小間番号 D001 ETHICAL
時間|10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
問い合わせ|organic@safo.jp

オーガニックコットンファーシリーズ  

クッション

クッション

ビーンズクッション

ビーンズクッション

コットンファーラグ

コットンファーラグ

コットンファーラグ

開発経緯

SaFoの 「Use it all (使い切る)」のコンセプトで生まれた生地は、製造過程で破棄されるオーガニックコットン生地の「生地の耳」(布生地の両端部分)を縫い合わせたもの。廃棄される生地端は、布生地の約6%にあたり、年間580kgにものぼります。その生地端を、一枚一枚丁寧に裁断し、縫い重ねていくことで新たな生地として生まれました。

天然のコットンそのままの自然な色合いと、ふんわりとした毛並みのような質感は唯一無二のものです。そのふっくらとして柔らかな生地を活かした製品は、かわいらしい動物の毛を撫でているような柔らかな感触と同じく、ほっと安心できるような心地よさを体感できる仕上がりとなりました。

大事に育てられたオーガニックコットンを最後まで使い切る。サステイナブルな視点のモノづくりを進めています。
未活用の資源から生まれた新たな素材

未活用の資源から生まれた新たな素材

縫い合わせ作業

縫い合わせ作業

国内でも数少ないオーガニック認証自社工場

国内でも数少ないオーガニック認証自社工場

25 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る