NEWS

環境の日&環境月間広報事務局 6月5日「環境の日」に「#環境の日はグリーン」をテーマに全国約260箇所のランドマークのライトアップカラーをグリーンに!

2022.05.28

ー環境省による令和4年度「環境の日」及び「環境月間」の取組についてー

環境基本法(平成5年施行)では、6月5日を「環境の日」と定めており(※)、環境省では毎年、この日を含む6月を「環境月間」として、様々な取組を実施しています。今年度は、「環境の日」の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上を目的に、各種メディアやSNSを通じた情報発信等の新たな取組を行う予定です。また、環境の保全に関する普及・啓発のため、関係府省庁、地方公共団体等に、各種行事の開催を呼びかけています。
※1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたもの。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めています。

「環境月間」の詳細

「#環境の日はグリーン」「環境の日」における新しい取組の一つとして、環境の日の認知度向上及び環境問題への更なる意識向上を目的に、「#環境の日はグリーン」を6月5日に日本全国で展開

(1)特別ライティング
環境の日において、日本全国のライトアップを実施しているランドマーク
約260施設に協力いただき、環境について想起させる「グリーン」の特別ライティングを実施いただきます。

(2)ハッシュタグ企画
SNS上で活動されているフォトグラファーにも協力いただき、ハッシュタグ
「#環境の日はグリーン」と付けて日本各地の参画施設の写真をSNS(Twitter、Instagram)に投稿いただくことで、本企画の趣旨・目的を知っていただく契機とします。

メディアとの連携による情報発信環境月間の1か月間を通して、各種メディアによる情報発信を行い、地球環境の大切さや環境問題への理解を深め、環境に対する行動の促進・継続につなげるための情報発信を実施

(1)【ラジオ】TOKYO FM/JFN38局ネット「SCHOOL OF LOCK!」
メイン聴取層の10代~20代に向け、プラゴミ問題等の環境課題について理解を深めてもらい、未来の環境を背負う若者に対し、自分たちができることについて意識の醸成を図ります。

(2)【インターネット配信番組】News Picks「NEW DOOR」
次世代のビジネスリーダー層に向け、ファッションの持続可能性について議論を展開し、環境を考慮した服作りやファッションについて啓蒙。持続可能なファッションの実現に向け、業界の課題解決に向けたビジネスの新たな価値、クリエイティビティ、可能性について発信します。

(3)【雑誌】Hanako
SDGs特集号での誌面タイアップ。読者が実践しやすい食のサステナブルをテーマとして取り上げます。

(4)【ウェブ記事広告】東洋経済オンライン
中小企業の脱炭素経営の取組やメリット等を紹介し、脱炭素社会の実現に資する企業経営の促進を図ります。

「#環境月間」ハッシュタグ企画

日頃の生活の中での環境問題に関する発見、環境に関するニュース等にハッシュタグ「#環境月間」を付けてSNSに投稿してもらい、環境に対する意識向上を促進します。

6月5日(日)「環境の日」日本全国のライトアップを実施を予定しているランドマーク

※開催期間及び予定時刻については、変更となる場合があります。

北海道

HBC北海道放送本社        6月5日 日没~21:00
Cool KUSHIROモニュメント         6月5日 19:01~24:00
札幌市時計台       6月5日 18:30~21:00
さっぽろテレビ塔              6月5日 21:00~22:00
白い恋人パーク からくり時計塔     6月5日 日没~22:00
苫小牧信用金庫本店          6月3日~5日    日没後~22:00
幣舞橋(ぬさまいばし)   6月5日 日没~24:00
社会福祉法人ふれんど高齢者複合施設Ⅲ       6月1日~30日              18:00~21:00
緑ヶ丘公園展望台              6月5日 日没後~21:00

青森県

青森県観光物産館アスパム              6月5日 17:00~21:00

99 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る