NEWS

Naturecan㈱ 5/20は森林の日!CBD専門店Naturecanネイチャーカンが、植林プロジェクト2021年の結果を報告 

2022.05.24

ー英国発CBD専門店Naturecanが参加する植林プロジェクト2021の結果をご報告ー

・5/20は森林の日!地球のことをあらためて考える一日に
・CBD専門店Naturecan/ネイチャーカンは独自の植林プロジェクトに参加中
・2021年のプロジェクト結果は?
・自然と人にやさしい企業を目指します

CBD専門店Naturecanは、毎注文ごとに1本の木を植えています

Naturecanの取り組みはこちらから https://www.naturecan.jp/pages/sustainability-1

5/20は「森林の日」、人だけでなく自然環境にも優しい企業を目指すNaturecan(https://www.naturecan.jp/)にとっても大切な一日です。
こうしている間にも、世界では森林破壊が進み毎年150億本以上の木が伐採されています。二酸化炭素排出量に注目が集まりだした昨今、一グローバル企業として目をそらしてはいけない問題だと考えています。

創業時からNaturecanでは、毎注文ごとに1本の木をケニア、マダガスカル、モザンビークなどに植林するプロジェクトに参加しています。森林破壊を逆転させ、地域社会の生活手段を支えることで貧困をなくすところまでを目指しています。

2021年は合計90,000本の植林を行いました

おかげさまで2021年のプロジェクトでは、合計90,000本の植林に協力することができました。

Naturecanが環境のために行っているその他の取り組み

Naturecanは、世界60カ国に展開するグローバルCBD企業に成長しながら、自然環境のためにさまざまな取り組みを行っています。世界で最も厳しく管理された土壌環境であるオレゴン州の農家が栽培したヘンプを用いて、環境への負荷をできるだけ抑える努力をしています。

この森林の日に、あらためて地球の環境のことに目を向けてみませんか。CBDをご購入いただくことで、社会貢献に個人で参加していただけると嬉しいです。

世界60カ国に展開するNaturecan

Naturecanは、2019年5月にマイプロテインの元CEO Andy DuckworthとPaul Finneganによって英国・マンチェスターで設立されたCBDブランドです。設立から3年で、販売地域を世界60カ国へと拡大しています。

Naturecanの全てのCBD製品は、複数の第三者機関による6段階の品質テストが実施されており、THCフリー、GMOフリーなど確かな品質が保証されています。ヘンプの生産から製品の品質までNaturecanで管理を徹底し、サプライチェーンの透明性を確保することで、お客様に自信を持って安心安全な製品を提供しています。

会社概要

会社名:Naturecan株式会社
代表取締役:ショーオン・ハインドリー・アディソン
お問い合わせ:support-jp@naturecan.com
Instagram: @naturecanjp
Twitter:@NaturecanJP
楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/naturecan/
17 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る