NEWS

渋谷マルイ 2026年、日本初の本格的な木造商業施設 誕生へ

2022.05.30

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、渋谷マルイを2022年8月28日で一時休業し、日本初の本格的な木造商業施設としての開業(2026年予定)に向けて、建替え工事を行います。

<建替え後イメージ(店頭)>

<建替え後イメージ(店頭)>

建替えの背景と目的

渋谷マルイは1971年の開店以来、約50年営業を続け、当社のフラッグシップ的な存在として、お客さまにご愛顧いただいてまいりました。1980年代から2000年前半にかけてはトレンドファッションをご提供する存在として展開し、近年では、アニメイベントなどのコンテンツも展開するなど、お客さまのニーズにあわせて変化してきました。今回の建替えは、今後もそうしたさまざまなニーズに対応していくための土台づくりです。
建替え後は、丸井グループの考える「インパクト」の一つである「将来世代の未来を共に創る」の実現に向けた取り組みを象徴する店舗をめざします。
ご一緒するご出店者さまも、サステナビリティを意識した、環境負荷軽減や社会貢献に取り組むお取引先さまに特化し、お客さまに新しい体験を提供してまいります。
現渋谷マルイは2022年8月28日に営業を終了し、建物を解体したうえで、新たな商業施設に建替えいたします。なお、建替え期間中も渋谷モディは営業を継続します。
新店舗の詳細につきましては、決定次第、改めてお知らせいたします。

弊社は今後も、リアル店舗を「お客さまとのエンゲージメントの場」として、大切にしてまいります。

日本初の本格的な木造商業施設へ

渋谷マルイは、技術革新が著しい耐火木材など構造の約60%に木材を使用した、日本初の、サステナブルな本格的木造商業施設として生まれ変わります。
木は、製造過程でCO2を排出する鉄に比べ、成長の過程でCO2を吸収する、環境負荷をかけない素材です。従来の鉄骨造で建替えた場合と比較して、約2,000tのCO2排出量を削減できる見込みです。
また、本建物のデザインは、日本の伝統的な建築技術に着目し、天然素材の使用、太陽光の活用など、自然由来のエネルギーを効率的に利用します。開店後も再生可能エネルギー由来の電力を使用するなど、最高水準の持続可能技術を採用し、環境負荷軽減を促進する、よりサステナブルな施設をめざします。

設計会社について

リードデザイナーは、国際的設計組織である「Foster+Partners」が担当いたします。同社は、1967年にノーマン・フォスター氏により設立され、50年以上にわたり、環境に配慮したサステナブルな建築とエコロジーの取り組みにおいて、パイオニアの役割を担ってきました。これまで世界45カ国以上で都市計画、公共インフラ、空港、オフィスといった、多様なプロジェクトを遂行しています。
<建替え後イメージ(店頭)>
「Foster+Partners」 シニアエグゼクティブパートナー
David Summerfield氏 コメント


世界的に有名な渋谷のスクランブル交差点から目と鼻の先にある、このような画期的で持続可能なプロジェクトに取り組めることをうれしく思います。
木造構造は、建物の炭素を大幅に削減すると同時に、来訪者に温かくオープンな体験を提供します。

新店の概要

・建物規模:地下2階~地上9階
・売場面積:2,800㎡
<建替え後イメージ(屋上、店内)>

<建替え後イメージ(屋上、店内)>


■ Foster+Partnersの概要
商   号 : Foster+Partners Limited
本社所在地 : Riverside, 22 Hester Road, London SW11 4AN, UK
U R L : https://www.fosterandpartners.com/

■ 丸井の概要
商   号 : 株式会社丸井
本社所在地 : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話  : 03(3384)0101
U R L : https://www.0101.co.jp
代表取締役社長 : 青野 真博
事業内容  : 小売・店舗事業、通信販売事業、専門店事業(自主・PBの運営・開発)

■ 丸井グループの概要
商   号 : 株式会社丸井グループ
本社所在地 : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表電話  : 03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
U R L : https://www.0101maruigroup.co.jp
代表取締役社長 : 青井 浩
おもな関連会社 : ㈱エポスカード、㈱丸井、㈱エムアンドシーシステム ほか
13 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る