NEWS

無印良品 『「もったいない」を見直そう弁当』6/4(土)~6/12(日)まで期間・数量限定販売

余ったお弁当食材もおいしくリメイク―16時からの数量限定、期間限定販売ー崎陽軒、横浜市、良品計画で連携

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長:堂前 宣夫)は、横浜市、株式会社崎陽軒と連携して開発した『「もったいない」を見直そう弁当』(税込830円)を2022年6月4日(土)~6月12日(日)まで期間限定で16時から無印良品 港南台バーズと崎陽軒本店ショップにて販売いたします。
『「もったいない」を見直そう弁当』は、横浜市資源循環局、無印良品 港南台バーズが2021年から行っている環境に配慮した取り組みを背景に、崎陽軒の「もったいない」「地域の魅力を地域でいっしょに」という3者の想いから生まれた商品です。
 無印良品のものづくりの基本となる考え方の3つのわけ「①素材の選択、②工程の点検、③包装の簡略化」から、食材のロス削減に日々取り組む崎陽軒といっしょに「もったいない」を新たなかたちで見直し、崎陽軒のお弁当生産工程で発生する規格外のサイズや形、余った食材をよりバランスよく食べられるように協議を重ねてつくりました。
 冷凍ではなく生肉を毎日仕入れ、添加物や化学調味料を一切使わず鮮度にもこだわった素材から作ったシウマイを、できたてを一日に何回にも分けて店頭に配送する崎陽軒。当日製造で余った食材を活用してつくられるこのお弁当はレギュラー商品の製造後から作り始めるため、期間中の各日16:00からの販売となります。無印良品 港南台バーズは、本商品のコンセプトづくり、余った食材をバランスよく食べられるようなおかずの組み合わせ提案、商品パッケージの監修などを行いました。また、パッケージは横浜市資源循環局とも連携し、「脱プラスチック」に取り組んだ容器や箸などの包材を使用しています。
 この『「もったいない」を見直そう弁当』をより多くの方に知って、楽しんでいただくために、6月の環境月間と無印良品で行う“あたり前にあるものをよく見直して新しいことや知らなかった取り組みの発見を楽しんでいただく「発見祭」のイベントに合わせて販売を開始します。製造から販売までの距離が近い横浜地区ならではの企画です。
 この取り組みを通じてより多くの方にごみ分別や食品ロス削減の重要性を伝えるとともに、引き続き環境に配慮した取り組みを続けてまいります。


<商品情報>
名称:『「もったいない」を見直そう弁当』
価格:830円(税込)
販売期間:2022年6月4日(土)より2022年6月12日(日)まで(予定)
販売時間16:00~ 予定 ※当日の生産状況に応じた余剰食材を使用するため
販売数0個~100個(予定)※生産状況により変動します。
販売場所:
崎陽軒本店ショップ  神奈川県横浜市西区高島2-13-12 崎陽軒本店1階
 無印良品 港南台バーズ  神奈川県横浜市港南区港南台3-1-3 港南台バーズ B1
内容:使用しているごはんやおかずは、崎陽軒の生産工程で発生する規格外のサイズや形、余剰となって
しまった食材を活用しております。

<参考情報>
「無印良品 港南台バーズ」について
・地域とつながる店舗
「無印良品 港南台バーズ」は、地元で活躍されるさまざまなジャンルの方々と連携し、地元の方・モノ・情報・場所を紹介することによって、生産者や生活者、住民の方同士の交流の場として、また地域に根付き、地域のコミュニティーセンターとなるような店舗を目指しています。地元のよいもの販売もそのひとつとして、その地域に縁があり、地域とつながるものを地元のお客さまと価値を生み出し、育てていきます。
・無印良品 港南台バーズの取り組み
 食を通じて「おいしいって何だ?」を生活者に問い、お客さまと生産者との信頼やつながり、交流を生みだし、地域の暮らしに密着した店舗として"食"をテーマにスーパー部門を併設、地元の旬の野菜のほか、生鮮食品やグロサリー、惣菜等を販売しています。また販売にとどまらず、(株)良品計画と横浜市で地域活性化を第⼀義とする包括連携協定を締結し、横浜南エリアの中心店舗として、フードドライブ活動や、地産地消の推進、旬の食材を使った料理教室やデモンストレーションなどさまざまな取り組みを行っています。


<店舗概要>
店舗名:無印良品 港南台バーズ
所在地:〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台3-1-3 港南台バーズ B1F-1F
電話番号:045-835-0030
営業時間:10:00~20:00
売場面積:約1,548坪(約5,117.87㎡)
5 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る