NEWS

2022年6月17日(金)・18日(土) YOKOHAMA Station City でフードドライブを実施します!

2022.06.07

ー「SDGs 未来都市」横浜市の中心、横浜駅から SDGs に根差したエリア価値の向上を推進ー

YOKOHAMA Station City 運営協議会(会長:東日本旅客鉄道株式会社 執行役員 横浜支社長: 照井 英之)は、2022 年 6 月 17 日(金)・18 日(土)の 2 日間、 “FOOD for ALL YOKOHAMA”と題し、フードロス削減の取り組みとして、ご家庭で余っている食品を集め必要としているところへ寄付するフードドライブを、JR 横浜タワー2 階アトリウムにて実施いたします。

取り組み

JR 東日本グループは、事業を通じて社会的な課題を解決することで、地域社会の発展と国際目標「持続可能な開 発目標(SDGs)」の達成に取り組んでおり、SDGs 未来都市・横浜の実現を目指す横浜市と連携し、横浜の玄関口で ある横浜駅でキャンペーンを実施することで、より多くの方々に SDGs の取り組みについて知っていただき、ご参加い ただきたいと考えております。 活動を通じて回収した食品は、当協議会会員の株式会社横浜ステーシヨンビルから特定非営利活動法人 フードバ ンク横浜へ贈られ、支援が必要な方々にお届けいたします。 また当日は、「ヨコハマ3R夢!」マスコットイーオと横浜市西区のマスコットキャラクター「にしまろちゃん」が会場に 登場するほか、横浜市資源循環局および西区役所主催のワークショップを開催し、お越しいただいたお客さまが楽し みながらフードロス等の環境活動について知っていただければと考えております。 JR 東日本グループは、ESG 経営を実践し、事業を通じて社会的な課題を解決することで、地域社会の発展と国際 目標「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に取り組んでおります。YOKOHAMA Station City では、このキャンペーンを通じて、エリアの価値向上に取り組んでまいります。

フードドライブ開催概要

開催期間: 2022 年 6 月 17 日(金)・18 日(土)
回収場所: JR 横浜タワー アトリウム 2 階
回収時間: 11:00~16:00
概 要: ご家庭で余った食品をお持ち込みください。回収後は支援の必要な方々にお届けいたします。
受付可能な食品 : 賞味期限表示があり、かつ賞味期限まで1か月以上・常温保存が可能・未開封の食品
受付不可能な食品: 賞味期限が1か月未満・賞味期限表示がない・生鮮食品・アルコール類等
主 催: YOKOHAMA Station City 運営協議会
共 催: 横浜市資源循環局・西区役所・株式会社横浜ステーシヨンビル

ワークショップ概要

マスコットキャラクターイベントプログラム: マスコットキャラクターと一緒に記念撮影
開催時間: 各日 11:00/13:00/15:00 各回 15 分
概 要: 西区マスコットキャラクター「にしまろちゃん」と 「ヨコハマ3R 夢!」マスコット イーオが登場して 一緒に記念撮影を行います。
※混雑状況により受付制限を行います

ワークショップイベントプログラム: お絵描きマイバッグ・木製マイカトラリーづくり
開催時間: 各日とも 11:00~13:00(お絵描きマイバッグづくり)
          13:30~15:30(木製マイカトラリーづくり)
概 要: 6月の環境月間に合わせ、ワンウェイプラスチック削減の取組として、 ご自身でお絵描きしていただくオリジナルマイバッグやマイカトラリー (スプーン・フォーク)づくりを行います。
参加人数: 各回 10 名程度とさせていただきます。(30 分入替制)
※参加費無料 ※混雑状況により受付制限を行います

カプセルトイに挑戦
本会場に食品をお持ち込みいただいた方は、素敵なプレゼントが当たるカプセルトイに挑戦いただけます。
※各日プレゼントがなくなり次第終了となります。(カプセルトイイベント終了後も食品の受付は行います)

YOKOHAMA Station City の「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献について

JR 東日本グループは、ESG 経営を実践し、事業を通じて社会的な課題 を解決することで、地域社会の発展と国際目標「持続可能な開発目標 (SDGs)」の達成に取り組みます。 具体的には、「安全」が経営のトッププライオリティであることをグループ 共通の理念として掲げ、すべての事業の基盤であるステークホルダー の皆さまからの「信頼」を高めるとともに、「ヒト(すべての人)の生活に おける『豊かさ』を起点とした社会への新たな価値の提供」に向け日々の挑戦を続けていくことで、「持続可能な社会」 とグループの持続的な成長を実現していきます。 YOKOHAMA Station City は、SDGs に根差した活動を通じて、新しい価値の提供とエリア価値の向上に取り組んで まいります。なお、この度の取り組みは、SDGs における下記 4 つの目標に貢献しています。

目標 1 あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標 2 飢餓をゼロに
目標 3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
目標 12 持続可能な消費と生産のパターンを確保する


フードドライブとは

フードドライブとは、各家庭で使い切れない未使用食品を持ち寄り、それらをまとめてフードバンク団体や地域の福祉 施設・団体などに寄贈する活動を言います。(出典 横浜市 HP)

特定非営利活動法人 フードバンク横浜

NPO 法人フードバンク横浜は 2016 年の団体設立以来、食のフードバンクでありながら同時に心のフードバンクでも ありたいという理念のもと、活動を続けている地域密着型の支援団体です。 まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品を引き取り、福祉施設や生活困窮者等へ無料で食品を提供す るなど食料支援で笑顔を増やす取り組みを実践しております。

12 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る