NEWS

(NPO法)GNJP  Pascoのパン ひとり親家庭のフードバンクへ継続的に寄付いただけることに!

食品価格高騰の影響を大きく受ける低所得のひとり親家庭に、「グッドごはん」で主食のパンを提供。

ひとり親家庭を対象としたフードバンク事業「グッドごはん」を運営する認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン(以下、GNJP)は、今年6月より「敷島製パン株式会社(以下、Pasco)」様と連携し、定期的に製品をご寄付いただけることになりました。同社からは昨年末より、すでに4回ほどパンの寄贈をいただいており、この度本格的な連携へ踏み出すこととなりました。

GNJP事務局長の小泉智(左)とPasco代表取締役専務の盛田兼由様(右)

GNJP事務局長の小泉智(左)とPasco代表取締役専務の盛田兼由様(右)

「グッドごはん」とは

「グッドごはん」とは、主に首都圏および近畿圏のひとり親家庭(※)を対象に食品を無料で配付するフードバンク事業です。企業や個人の寄付によって集まった、お米やパン、調味料、レトルト食品、お菓子など、約10,000円相当のカゴいっぱいの食品を毎月ひとり親家庭に配付しています。
※当事業の対象者は、ひとり親家庭等医療費受給者証をもつ、所得が限度額未満かつ生活保護を受けていないひとり親家庭で、通常は首都圏または近畿圏の配付拠点に直接取りに来られる方を対象としています。
https://www.gnjp.org/work/domestic/gohan/

本連携の詳細

・提供の頻度:毎月1~2回程度
・寄贈者:敷島製パン株式会社(Pasco)
・寄贈先:認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
・寄贈品:敷島製パンの商品約300個(食パン、惣菜パン、菓子パン等)
・寄贈場所:グッドごはん大崎倉庫(現時点では首都圏でのみ受け入れ)
食生活に欠かせない主食であり、食卓にすぐに並べられるパンは、子育てをする家庭にとって需要の高い食品です。その一方で、賞味期限が短いため、今までグッドごはんでは扱うことが難しい品目でした。
しかし、この度の連携により、Pasco様と随時連絡を取ってスケジュール調整をすることで、配付日に合わせた受け取りが可能になりました。継続的に毎月ご寄付を頂くことで、安定して主食のパンを提供できることはグッドごはんにとって大きなメリットです。

2022年からの食品や日用品の価格高騰が大きな社会問題になりつつありますが、低所得のひとり親家庭にとってこの影響は大きく、「食費をこれ以上切り詰められないところに値上げなので、量を減らすしかない。」「朝食にパンを買っていたのをやめた。」「元から困っているのがさらに苦しくなり、母は水のみがほとんどです。」といった深刻な声が届いています。
Pasco様より寄贈されたパン(2022年1月)

Pasco様より寄贈されたパン(2022年1月)

小麦の価格が高騰しているこのタイミングでの継続的なパンの提供は非常に心強いものです。また栄養面だけでなく、食生活を豊かにする温かみをもつパンを提供できることになったことで、より一層ひとり親家庭の子ども達のこころと身体を支えていくことができると考えております。

敷島製パン株式会社(Pasco)概要

「パンで社会に貢献する」という理念のもと事業を展開。 2020年に創業100周年を迎え、「超熟」シリーズをはじめとする食事用パンや菓子類を販売し、食べ方提案等を行っています。また、国産小麦の小麦粉を使用したパンづくりで、日本の食料自給率向上へ貢献する取り組みを続けています。
所在地:名古屋市東区白壁五丁目3番地
代表者:代表取締役社長 盛田淳夫
事業内容:パン、和洋菓子の製造、販売
創業年:大正9年(1920年)6月

詳しくはこちら( https://www.pasconet.co.jp

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)概要

国際組織グッドネーバーズ・インターナショナルの一員として、2004 年開設。「子どもの笑顔にあふれ、誰もが人間らしく生きられる社会」を目指し、アジア・アフリカでは教育や水、医療などの支援、国内ではひとり親世帯を対象とした食料支援を行っています。公益性の高い団体である「認定NPO 法人」として東京都から認可を受けています。

詳しくはこちら(https://www.gnjp.org
12 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る