NEWS

ボーイスカウト日本連盟 「全国防災キャラバン2022」6月12日(日)千葉・イオンモール幕張新都心で特別イベントを開催

2022.06.10

ボーイスカウト日本連盟とイオンモール株式会社は、子ども、家族、地域に対しての防災教育の一助となるよう「全国防災キャラバン2022」を全国およそ60会場で開催いたします。

2016年から継続して開催している本キャラバンでは、楽しみながら防災プログラムを体験することができ、毎年多くの参加者に防災を身近に感じていただいております。
昨年からは災害時の多様性への配慮を学ぶことができるプログラムとして“思いやり防災”をテーマにし、内容を充実させています。
さらに、ボーイスカウト日本連盟創立100周年の記念の年である本年は、地域の子どもたちとともに「自分たちの未来のまち」を創るワークショップを導入し、SDGsの11番目にある「住み続けられるまちづくり」を考える機会とします。
全国で展開する本キャラバンの特別イベントを下記の通り開催いたしますので、ご多忙中とは存じますが、この機会にぜひご取材賜りたくご案内いたします。


■「キックオフイベント」概要
・期 間:6月12日(日)10:00~16:00
・会 場:千葉市・イオンモール幕張新都心 グランドモール1階「グランドコート」
・共 催:(公財)ボーイスカウト日本連盟、ボーイスカウト千葉県連盟、イオン㈱、イオンモール㈱

・内 容:※すべて参加無料
●みんなで知ろう!思いやりのシンボルマーク(パネル展示)
●"もしものとき”も、みんなの困ったを助けてあげよう!(パネルプログラム)
●みんなの困ったを体験してみよう(身近なものでハンディキャップ体験)
●ブロック塀積み上げ(カラーブロックくずし体験)
●みんなで考えてみよう!わたしのみらい、まちのみらい(参加型ワークショップ)
●ボーイスカウト日本連盟 100年の歴史(パネル展示)
※内容は変更になる場合があります。
<実施内容のご紹介>(一部抜粋)
◆ブロック塀くずし、ハンディキャップの理解
地震発生時、ブロック塀が倒れてくる危険性を知るとともに、耳が不自由な方はどのような“困った”に直面するかを体験する内容です。
◆"もしものとき”も、みんなの困ったを助けてあげよう!(パネルプログラム)
外国の方やお年寄りの方など災害時にさまざまな配慮を必要とする人たちがいます。プログラムを通じて思いやりの気持ちをもった“思いやり防災”を学ぶことができます。

また、参加者に配布する「体験ノート」を通じて、自ら学び、考えることができる内容を用意しております。ノートは持ち帰ることができるので、ご家庭や学校でも学びを深めることができます。
その他にもさまざまな「防災」に関するプログラムを実施します。
7 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る