NEWS

Booking.com 2022年の「サステナブル・トラベル」に関する調査結果を発表

〜日本の旅行者の73% が「サステナブルな旅行は自身にとって重要である」と回答~

ブッキング・ドットコムがこれまでに行った最も広域にわたるサステナブル・トラベルに関する調査を行った結果、日本を含む世界全体において、よりサステナビリティへの配慮や意識が高まっていることが明らかになりました。
・日本の旅行者の73% が「サステナブルな旅は自身にとって重要である」と回答しており、29%は、「気候変動に関する最近のニュースが、よりサステナブルな旅を選択するきっかけとなった」と回答

・世界全体では71%の中、日本の旅行者の46%が「今後1年間において、よりサステナブルな旅を心がけたい」と回答

・日本の旅行者の26%が「過去1年間にオンライン旅行サイトでサステナブルな宿泊施設を見たことがある」と回答し、28%は「宿泊施設が行っているサステナブルな取り組みに関する情報を予約前に積極的に確認している」と回答

・世界の旅行者の59%は「訪れた場所をより良い状態にして帰りたい」と回答しており、40%は、「混雑を避けるためにピークシーズン以外のみで旅をしても構わない」と回答

・世界の旅行者の23%は「二酸化炭素の排出量を削減するためにより近場の旅先に出かけることを選ぶ」と回答
全世界の10万軒以上の宿泊施設がブッキング・ドットコムの「サステナブル・トラベル」バッジを取得
【2022年6月9日、日本発表】
「すべての人に、世界をより身近に体験できる自由を」を企業理念に、多種多様な宿泊施設や旅ナカ体験、旅行中のシームレスな移動手段を提供する世界最大級の宿泊予約サイト Booking.com の日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 以下:ブッキング・ドットコム)は、32ヶ国と地域にわたる30,000名以上の旅行者を対象に実施した2022年度版の「サステナブル・トラベル」に関する調査結果を発表します。本調査*では、人々のサステナブル・トラベルに関する意識やニーズの変化、またサステナブル・トラベルにおける課題が明らかになりました。

本調査*では、日本の旅行者の73% が「サステナブルな旅は自身にとって重要である」と回答しており、旅行者は自身の旅による環境や地域への影響を考慮し、よりサステナブルな旅を選択しようとする旅行者が増加していることが分かりました。
さらに、日本の旅行者の約半分(46%)が「今後12ヶ月間において、よりサステナブルな旅を心がけたい」と回答しており、この数値を2021年のデータ( https://news.booking.com/ja/sustainable-travel-report-2021/ )と比較すると、2022年に同様の回答をした旅行者は4%増加しました。加えて、日本の旅行者の約3人に1人(29%)は、「気候変動に関する最近のニュースが、よりサステナブルな旅を選択するきっかけとなった」と回答し、約4割(39%)は、「サステナブルな宿泊施設を特に探していなくても、サステナブルな宿があればそちらを選ぶ可能性が比較的高い」と回答していることから、日本の旅行者のサステナブル・トラベルへの意識の高まりが伺えます。
一方で、世界と比較するとまだまだ認知度の低さが目立ちます。実際に「宿泊施設と旅先までの交通手段を選ぶ際に、提供会社のサステナブルな取り組みが選択に大きな影響を与える」と回答した世界の旅行者が35%であることに対し、同じ回答をした日本の旅行者は13%にとどまりました。

■サステナブルな取り組みを行う宿泊施設に対するニーズの高まり
サステナブルな滞在に関する意識と認知度は引き続き広がりを見せており、日本の旅行者の26%が「過去1年間にオンライン旅行サイトでサステナブルな宿泊施設を見たことがある」と述べているほか、28%は「宿泊施設が行っているサステナブルな取り組みに関する情報を予約前に積極的に確認している」と回答しました。さらに、過去1年間に「実際にサステナブルな宿泊施設に滞在した」と回答した日本の旅行者は25%を占めており、日本の旅行者の4人に1人はサステナブルな取り組みを実施している宿泊施設への滞在を経験したことがある結果となっています。
世界で「今後1年間において1回以上はサステナブルな宿泊施設に滞在したい」と回答した旅行者は78%にも上り、多くの旅行者がサステナブルな旅を求める中、ブッキング・ドットコムはすべての人がよりサステナブルな宿泊施設をより簡単に見つけ、選択できるようになるには、取り組むべきことがまだ多くあると考えます。過去1年間でサステナブルな宿泊施設に滞在しなかった世界の旅行者のうち、31%は「サステナブルな宿泊施設の存在を知らなかった」と述べています。2021年と比較すると、同様の回答をした旅行者は5%減少し、意識の高まりが見受けられるものの、29%の旅行者が現在も「サステナブルな宿泊施設を見つける方法が分からない」と回答しており、サステナブル・トラベルの認知度はまだ不十分であることが伺えます。また、56%の旅行者は「予約前に宿泊施設によるサステナビリティへの取り組みを積極的に確認してはいない」と回答している一方、「簡単に閲覧できる場合は確認する」とも回答しており、サステナビリティに関する情報を、幅広い層の旅行者により分かりやすく伝える重要性が明らかになりました。
16 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る