NEWS

おてつたび 「#食べチョクおてつたび “夏”」開催。農水省の補助事業を活用し学生が生産者として働く機会を提供

農業バイトと旅を掛け合わせたマッチングサイト『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:永岡里菜)は、農林水産省とともに行う「農業の魅力発信コンソーシアム」の一環で、産直通販サイト『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋元里奈)と、夏休みに学生が農業を経験するイベント「食べチョクおてつたび“夏”」を開催します。

『農業の魅力発信コンソーシアム』とは

農林水産省補助事業を活用して、活躍する農業者を通した“職業としての農業”の魅力を発信することを目的とした民間企業9社が集結したコンソーシアムです。現在、農業界では、農業従事者の減少や高齢化が急速に進行しており、農家子弟だけでなく、これまで農業には縁の無かった方も農業に呼び込んでいくことが課題となっています。本コンソーシアムには、新たに農業に参入する若者を確保するためには、「実際に農業現場で活躍している農業者の生の姿を伝え、潜在的に農業に関心のある人たちに訴求していくことが重要」という共通の意識を持つ企業が結集しました。
詳細:https://yuime.jp/nmhconsortium/

「食べチョクおてつたび」とは

■概要
活躍している「食べチョク生産者」「おてつたびに登録する地域・農業に関心のある学生」をマッチング。
地域・農業に関心のある学生が、食べチョク生産者のもと住み込みで農作業や食べチョクの梱包・発送作業をお手伝いします。

■目的
これまで農業に縁のなかった学生が、活躍する生産者のもとで共に働き、農業の大変さや楽しさ、やりがいなど「職業としての農業の魅力」を知ることで、農業をより身近に感じてもらうことを目指します。

今後の実施スケジュール​

【島根県邑南町】
実施日  :7月18日(月) 〜 7月22日(金)​
受入生産者:「和(なごみ)ファーム」戸津川 良さん
<夫婦2人で小規模ながらも持続可能な農業を推進>
内容:収穫ピークを迎えた夏野菜を収穫~食べチョクからの注文の発送作業販売など

詳細:https://otetsutabi.com/plans/1259
▲戸津川 良さんプロフィール
1976年島根県浜田市生まれ。前職小売流通にて農産バイヤーや販売企画を約20年経験。当時から第一次産業の未来に危機感を覚え自分事として何が出来るかを模索、当事者として就農することを決意。「ありのまま」「やさしい」をコンセプトに「すっぴんやさい農家の育てるべっぴんやさい」として、夫婦2人で小規模ながらも持続可能な農業を推進していくため、現在管理面積80aで自然栽培(畑には肥料・農薬を施さない)を選択し、身体も心にも優しい野菜作りを目指している 。島根県が推奨するJGAP同等水準県版GAP「美味しまねゴールド認証」を品目毎に取得し、生産工程管理上でも安全安心を目指している。
https://www.tabechoku.com/producers/20485


【長野県 安曇野市】
実施日  :8月15日(月) 〜 8月23日(火)
受入生産者:(有)安曇野ファミリー農産  中村隆一 さん
<2年連続 食べチョクアワード果樹1位、幻の林檎“ピンクレディ”を生産>
内容:夏りんごの収穫、発送作業
詳細:https://otetsutabi.com/plans/1288
▲ 中村隆一 さんプロフィール
1994年長野県安曇野市生まれ。日本農業賞天皇杯を受賞したリンゴ栽培の第一人者を祖父に持つ農家に生まれ、東京農業大学経済学科在学中の20歳で、父と祖父が病気で倒れたことをきっかけに、就農を決意。大学卒業後は米ワシントン州、2019年からはニュージーランドの大規模農場で研修。帰国した2020年から実家の農業生産法人に入社し、農協への出荷に加えて、直販サイトへの販路を拡大。2020年の食べチョクアワード総合1位に続いて、2021年度も果樹部門で2年連続1位を受賞するなどユーザーから高い評価を集める。
https://www.tabechoku.com/producers/21528


【栃木県 大田原市】
実施日  :8月下旬実施予定
受入生産者:YOZE FARM  後藤啓介さん
<脱サラして農家を継承。新たに土づくりからこだわりアスパラを生産>
内容:アスパラ収穫や選別、雑草抜き、食べチョクからの注文の発送作業など
▲後藤啓介さんプロフィール
1984年栃木県大田原市生まれ。大学卒業後は、オンラインドラッグストアを運営する企業に就職して海外赴任中の2013年、父が前立腺の末期がんを患ったことがきっかけで、翌年退職。父は設備会社勤務と米農家を兼業していたが、2014年に下半身不随で寝たきりの状態になったことから、就農を決意。2015年に他界したため、31歳であとを継ぐのと同じタイミングで新規でアスパラガスの栽培を始め、JA経由の市場出荷と並行し直販サイトを利用し販路を拡大。アスパラガスはSDGsへの配慮もし、食品残差などを主とした有機質肥料を中心に育て、できるだけ鮮度の良い状態で、お届けするため、朝採りの新鮮な状態をすぐに冷却し、最短で翌日にはお届けするスタイル。
https://www.tabechoku.com/producers/20262
32 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る