NEWS

NAVITIME 阪急交通社とナビタイムジャパン、地域のこれからを共創する旅の新しいプラットフォーム「NICHER TRAVEL」開始

2022.06.15

株式会社阪急交通社(本社:大阪市北区梅田、代表取締役社長:酒井 淳)と株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区南青山、代表取締役社長:大西 啓介)は共同で、2022年6月15日(水)より、地域のこれからを共創する旅の新しいプラットフォーム「NICHER TRAVEL」(ニッチャートラベル)を開始します。本事業は、地域活性化を目的とした阪急交通社とナビタイムジャパンの共同プロジェクトです。

CONCEPT|コンセプト

“ニッチ”な旅を通じて、地域活性化や人々の交流促進に貢献
「NICHER TRAVEL」とは、“旅を介して、地域の活性化や人々の交流に貢献する”ことを目指し、両社が地方自治体や観光協会、企業・ブランド、生産者、クリエイター、地域の人々などを結びつけて、独創的なパッケージツアーを企画・商品化し、提供するプラットフォームです。エッジの効いた地域体験型パッケージツアーをデザインし、実際に送客を行うことで、ツアーの企画者である招く人と招かれる人の交流促進や地域活性に貢献していきます。
また、オンライン上(https://note.com/nicher_travel)で、ツアーの企画意図や思いを伝えるコンテンツも発信。ツアー商品の開発秘話や背景、そして地域の魅力をユーザーに訴求しながら、ユーザーを旅へと誘います。
今回の取り組みでは、阪急交通社とナビタイムジャパンが連携し双方の強みを活かすことにより、「ニッチャー」という新しい分野の需要をとらえ、個性的な旅のスタイルを開発します。ナビタイムジャパンは「NICHER TRAVEL」のコンテンツ開発、関係者のネットワーキング、プラットフォームの充実化を推進し、阪急交通社は「NICHER TRAVEL」の募集型企画旅行の造成・販売を行います。

USE CASE|活用例

ブランディングから教育プログラムまで
自治体や各種団体と協業しながら、ツアー造成を行います
「NICHER TRAVEL」では、地方自治体や観光協会、企業やブランド、各種団体や個人と協業しながら、ゼロから多彩なパッケージツアーを開発。阪急交通社のツアー商品として、オンライン上で販売していきます。同サービスは、自治体や企業によるブランディング(地域・プロダクトプロモーションやCSR・SDGs活動など)や教育プログラム(課外学習・ワークショップなど)、イベントへの誘客など、地域活性のさまざまな場面でご活用いただけます。
(webサイトイメージ)

上記のほか、「関係人口の創出や拡大につながるツアーを作りたい」「地域住民と旅行者が触れ合う場を旅を通して増やしたい」「観光ガイドには載らない、地元の魅力を旅行者に知ってほしい」などのニーズに「NICHER TRAVEL」はお応えします。今後も私たちは全国を対象にエリアの拡充を行うとともに、独創的な旅を開発・送客することで、地域活性に取り組むすべての人の情熱とアイデアを応援していきます。

OUTLINE|サービス概要

Webサイトでツアーを紹介するほか、noteをメディアとして運用。ツアー企画書の思いやバックストーリー、地域の魅力を発信するコンテンツを発信していきます。

名称:NICHER TRAVEL(ニッチャートラベル)
Webサイト:www.nichertravel.jp
note:https://note.com/nicher_travel
Instagram:@nichertravel
twitter:@nichertravel

APPENDIX|第一弾ツアーのご紹介

【渋谷区観光協会公認】MUROとディグる渋谷レコードショップツアー
身近な観光を楽しむ“マイクロツーリズム”をテーマに「渋谷区観光協会」と連携。「NICHER TRAVEL」の第一弾として「【渋谷区観光協会公認】MUROとディグる渋谷レコードショップツアー」を発売いたします。日本が世

界に誇る”KING OF DIGGIN'”こと、90年代から日本の音楽シーンに影響を与え続けてきたMUROがリコメンドするレコードショップを参加者が巡り、アーティストと参加者同士がコミュニケーションを深める今回のツアー。「渋谷区観光協会」のスローガンでもある“ PLAY DIVERSITY SHIBUYA!”を体現するニッチなツアーを通して、渋谷のカルチャーシーンを盛り上げていきます。なお、「NICHER TRAVEL」と「渋谷区観光協会」は今後も連携し、ユニークな“渋谷オフィシャルツアー”をシリーズ化していきます。
22 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る