NEWS

FANCL 環境配慮型什器を紙パウダー原料の「MAPKA®」に。全直営店舗に導入

株式会社ファンケルは6月16日(木)から、全直営店舗に設置されているサプリメント陳列什器を、主原料が紙パウダーの「MAPKA®」(※)を使用した国内初の環境配慮型什器にします。
これにより、什器の製造から焼却までの過程における温室効果ガスの排出量を従来と比べて約30%削減します。また、本什器は強度にも優れているため、従来よりも破損リスクの軽減にもつながります。(※)「MAPKAⓇ」は株式会社環境経営総合研究所の登録商標です。

従来比で温室効果ガスを約30%削減 環境配慮の店舗を目指して

これまでサプリメント陳列什器は、アクリル樹脂を使用していましたが、「MAPKA®」を使用した環境配慮型の什器を採用します。「MAPKA®」は、株式会社環境経営総合研究所が提供する新しい素材です。プラスチック原料に微細な紙パウダーを混成させて作るので、成形後の収縮性の低さや成型までの時間、その高い剛性および耐熱性から、工業用材料として幅広く活用されています。また、紙パウダーを51%含有しているため、容器包装や成形品と同様に紙製品扱いとなるため、燃えるごみ・燃やすごみとしての廃棄が可能となります(廃棄方法は各自治体基準に準じます)。

当社では、2018年に「ファンケルグループ サステナブル宣言」を掲げ、現在と未来に生きる人々の笑顔と持続可能な社会を目指すために、「環境」「健やかな暮らし」「地域社会と従業員」を重点テーマにSDGsの貢献に取り組んでいます。今後も全国の直営店舗において、環境に配慮した店舗づくりを目指していきます。
3 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る