NEWS

霧島市 ANAの産直空輸の取組を活用した産直空輸フェアを開催決定!

2022.06.28

霧島市は、ANAの産直空輸の取組を活用し、市単独の物産展「霧島市×産直空輸フェア」を、イトーヨーカドーにおいて、2022年7月1日(金)~2日(土)に開催致します。

イトーヨーカドーにおける「霧島市×産直空輸フェア」詳細
霧島市産の有機栽培の新鮮な野菜を中心とした霧島の魅力ある旬を、産直空輸の取組を活用して収穫からの短い時間で店頭にお届けします!
また、生産者自身による店頭PRも実施し、現地での栽培の様子など、通な情報もお届けします!
イトーヨーカドーにおける「霧島市×産直空輸フェア」実施の背景
現在、本市で地方創生アドバイザーとして勤務する、ANAあきんどの東誠一氏の協力により、ANAにおける産直空輸の実証実験において、本市産品が取り扱われたという経緯から、昨年度よりフェアを実施する運びとなりました。今回のフェアは、今年度における第1弾の実施です。
取扱品
有機ミニトマト(三色)、有機シシリアンルージュ(ミニトマト)、
有機ピーマン、有機空心菜、有機ナス、南瓜(無農薬、無化学肥料)、
有機じゃがいも、パースニップ、とうもろこし、ゴーヤ
店頭PR参加生産者
もりやま農園 森山 正樹 氏
「美味しい野菜でみんなを笑顔に」と、小松菜やトマト、人参など約15種の野菜を有機栽培で育てています。毎年6月には収穫祭も開催し、有機野菜の魅力をあらゆる形で届けています。
ekubofarm 久保 竜也 氏(写真右側)
大阪から移住し、有機野菜を栽培しています。その他、収穫や種植えだけでなく、虫の除去や除草作業なども取り入れ、栽培の苦労や労力を体いっぱいに感じてもらう農業体験や、学校給食を通じた食育活動も行っています。
【イトーヨーカドーにおける「霧島市×産直空輸フェア」実施概要】
イベント名:霧島市×産直空輸フェア
開催日時:2022年7月1日(金)~2日(土) 10:00~19:00
会場名:イトーヨーカドーグランツリー武蔵小杉店
アクセス:神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1
      JR武蔵小杉駅徒歩4分

霧島市について
飛行機を降りたら、そこは霧島市。
鹿児島県本土の中央に位置し、南九州の交通の拠点となっている本市は、1市6町が合併して誕生しました。活火山である霧島山の恩恵を受け、豊富な温泉のある観光都市でもあります。
【霧島市概要】
市長:中重 真一
市制施行日:2005年11月7日
人口:125,028人 (令和4年6月1日現在)
面積:603.16km2 (東京都23区と同程度)
URL:http://www.city-kirishima.jp
14 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る