NEWS

テレビ東京グループ CO₂排出量を88%削減 24年度末の実質ゼロへ

2022.07.06

テレビ東京グループは、今年9月までに神谷町スタジオ(東京都港区)など2拠点でCO₂を排出しない再生可能エネルギー由来の電力を導入します。すでに再生可能エネルギーに切り替えた六本木本社、天王洲スタジオとも合わせた排出削減量は、20年度時(※約8,000トン=東京ドームの3.5杯分に相当)の88%に達します。目標に掲げている24年度末の排出実質ゼロに向けて取り組みをさらに進めます。

7月に神谷町スタジオ、9月にグループ会社のオフィスや編集スタジオが入居する「住友新虎ノ門ビル」で再生可能エネルギーを導入します。これによりテレビ東京グループの主要4拠点でのCO₂排出がゼロになります。今後、さらに再生可能エネルギーの導入を進めるほか、排出権を取り引きする国の「Jクレジット制度」も活用してCO₂排出量の実質ゼロを実現します。
当社はSDGs(持続可能な開発目標)の一環として地球温暖化防止につながる取り組みを重視しています。CO₂排出量の実質ゼロ達成に加えて、放送設備や業務の見直しによる電力消費自体の削減も推進します。

(※)20年度のテレビ東京グループにおける電力消費及び燃料の燃焼に伴うCO₂排出量

【神谷町スタジオ】
 住所:東京都港区虎ノ門4-3-12
 第1スタジオ 660平方メートル
 第2スタジオ 430平方メートル

<主な制作番組>
『なないろ日和!プラス』『よじごじDays』
『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』『卓球ジャパン!(BSテレ東)』
4 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る