NEWS

㈱アイモバイル ふるさと納税で旅行ポイント、那須温泉郷と和倉温泉が新登場

2022.07.09

株式会社アイモバイル( 本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:野口哲也、東証プライム市場 )は、運営するふるさと納税サイト「ふるなび」( https://furunavi.jp )が展開する旅行体験型の独自返礼品「ふるなびトラベル」( https://tp.furunavi.jp )において、2022年7月6日より、新たに栃木県那須町と石川県七尾市が提供を開始したと発表しました。

■石川県七尾市トラベルポイントの返礼品ページはこちら

能登島大橋の開通により、様々な観光スポットが建設され、今では年間100万人もの人が訪れる観光地。
和倉温泉は、北陸随一の海の温泉であり、開湯1200年の歴史を誇る温泉街です。
https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=613889

■七尾市トラベルポイント提携ホテル・旅館のご紹介(一例)

【大正浪漫の宿 渡月庵】

100年前の佇まいを今に残す旅館。和倉温泉の旅館としては、最古の数寄屋造りの建造物。
甘エビやカニなど、能登の新鮮な海鮮料理をお楽しみいただけます。地酒とともにぜひご賞味ください。
https://tp.furunavi.jp/Plan/Detail?plId=3280

■ふるなびトラベルポイント概要

【有効期限】無期限
【ポイント付与率】寄附金額に対し30%分の付与
【ポイント価値】1ポイント=1円
【利用できる自治体】
北海道函館市・石川県金沢市・岐阜県高山市・京都府京都市・兵庫県神戸市・大分県別府市等、53自治体
【提携施設数】約1110施設(ホテル・旅館)、約100施設(その他レストラン等)
※本案内は、2022年7月6日現在のものです。

■「ふるなびトラベル」による地域活性化について

ふるなびトラベルは、地域の雇用創出や活性化に大きな役割を果たす宿泊施設を、自治体の観光資源として周知します。
また、新型コロナウイルス感染拡大により打撃を受ける、観光地自治体や観光産業への支援の役割を果たすと共に、ふるさと納税を通じた観光復興支援の形を提起します。

■ふるさと納税サイト「ふるなび」について

「ふるなび」では、ふるさと納税を通じて全国の市町村に寄附金を集めることで地域活性化を支援しています。
2021年、「ふるなび」は様々なふるさと納税PRをさせていただき『利用者満足度』『利用者メリット』『注目のふるさと納税サイト』の3冠を3年連続で達成することができました。(※)
(※)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2021年8月期_ブランドのイメージ調査

【「ふるなび」サービス一覧】
・ふるさと納税コンシェルジュサービス「ふるなびプレミアム」( https://furunavi.jp/premium/
・あとからゆっくり選べるポイント制ふるさと納税「ふるなびカタログ」( https://furunavi.jp/catalog
・クラウドファンディング型ふるさと納税サイト「ふるなびクラウドファンディング」 ( https://fcf.furunavi.jp/

■アイモバイルについて

アイモバイルは、『“ひとの未来”に貢献する事業を創造し続ける』というビジョンを実現するために、テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」と、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」
の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

【株式会社アイモバイル 会社概要】
社名 : 株式会社アイモバイル
所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟
代表者: 代表取締役社長 野口 哲也
設立 : 2007年8月17日
URL  : https://www.i-mobile.co.jp/
【本リリースに関するお問合せ】
株式会社アイモバイル
事業企画本部 トラベル事業部
Mail: support@furunavi.jp
31 件
〈 2 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る