NEWS

(一社)白馬村観光局 国内最大級のサーキュラーエコノミーカンファレンス Vol.4を開催決定!

2022.07.17

ー本プログラムの初日<7/27(水)>のカンファレンスを、リアル会場にて一般開放することが決定ー

長野県北部の北アルプス山麓に位置する雄大な山々に囲まれた地”白馬村”は、スキーやスノーボードが楽しめるウィンターシーズンのみならず、オールシーズンで北アルプスの大自然を満喫できる唯一無二の「マウンテンリゾート」です。

一般社団法人 白馬村観光局(所在地:白馬村北城7025、代表理事 下川正剛)は、株式会社新東通信(所在地:愛知県名古屋市 代表取締役谷喜久郎)と共同で、循環型の経済モデル「サーキュラーエコノミー」をテーマに、地域のあるべき姿を提示し実装を目指すプログラム「GREEN WORK HAKUBA vol.4」を2022年7月27日-29日の3日間開催します。

開催の背景

自然の恵みと共に生きる白馬村では、近年大きな変化が起きています。その一つが気候変動による雪不足問題です。この危機的状況をうけ、2019年9月20日「グローバル気候マーチ」を地元高校生が企画。さらにそれを受けて白馬村が、2019年12月に白馬村気候非常事態宣言を発令しました。このような経緯を経て、白馬村ではこの気候変動に立ち向かうために、サーキュラーエコノミーを取り入れた「サステナブルなマウンテンリゾート」の実現に取り組んでいます。

その実現のための取り組みとして、サーキュラーエコノミーの白馬村での実装を目指す「GREEN WORK HAKUBAプロジェクト」をスタート。これまで3回にわたり、村内事業者と村外事業者が共にサーキュラーエコノミーについて学ぶ実践的なセミナー&ワークショップを開催してまいりました。また、本プロジェクトの一貫として、サステナブルなマウンテンリゾートを次世代に残していくための方針と未来のライフスタイルを描いた、「HAKUBA CIRCULAR VISION」を策定しました。
これまでのGREEN WORK HAKUBAの様子

これまでのGREEN WORK HAKUBAの様子

このたび、第4弾として、白馬村のサーキュラーエコノミーを前進させるための共創型プログラム「GREEN WORK HAKUBA vol.4」(2022/7/27-7/29) の開催が決定いたしました。vol.3で発表したHAKUBA CIRCULAR VISION「サステナブルを遊ぶ、企む、つくる。」。このビジョンを実現するために本プログラムでは、国内外の実践者や第一人者から、サーキュラーエコノミーについて学びます。さらにワークショップでは、この秋開校する白馬インターナショナルスクールとコラボレーションし、事業者と生徒が一緒に取り組むサーキュラーエコノミーを取り入れたプロジェクトをディスカッションします。

<開催概要>

カンファレンス名:GREEN WORK HAKUBA vol.4
内容:HAKUBA CIRCULAR VISIONを実現するためのセミナー&ワークショップ
主催:白馬村観光局
開催日:2022年7月27日(水)〜7月29日(金)
会場:白馬村ウイング21/白馬岩岳マウンテンリゾート 他
参加人数:約60名
参加企業数:約40社

GREEN WORK HAKUBA :https://www.vill.hakuba.nagano.jp/greenworkhakuba/index.html
DAY1のカンファレンスは会場(白馬村ウィング21)にて一般参加可能でございます

本プログラムの初日(7/27(水))のカンファレンスを、リアル会場にて一般開放することが決定いたしました。

<DAY1開催概要>

日時:2022年7月27日(水) 13:30開演(開場13:00) 18:00終了予定
場所:ウイング21 ホール(長野県北安曇郡白馬村北城2066)
定員:先着400名  ※入場無料

参加をご希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。
DAY1お申し込みフォーム:https://forms.gle/8wUM5jujSeajs5km6

<基調講演>

NPO法人 産学連携推進機構 理事長 妹尾堅一郎氏の基調講演に加え、妹尾堅一郎氏と一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン 代表理事 中石和良氏のスペシャルトークセッションが実現!
■ 妹尾 堅一郎 氏  ※オンライン登壇

■ 妹尾 堅一郎 氏  ※オンライン登壇

NPO法人 産学連携推進機構 理事長
慶應義塾大学経済学部卒業後、富士写真フイルム(株)を経て、英国国立ランカスター大学経営大学院博士課程満期退学。産能大学助教授、慶應義塾大学SFC大学院教授、東京大学先端科学技術研究センター特任教授や一橋大学大学院MBA等の客員教授を歴任。現在も東京大学で大学院生や社会人を指導。日本知財学会理事。CIEC元会長。研究・イノベーション学会元副会長。内閣知的財産戦略本部専門調査会会長、農水省技術会議委員等を歴任。複数企業の社外取締役を兼務。著訳書多数。『技術で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』は題名が流行語にもなった。現在、資源循環経済等ビジネスに関して数誌で連載中。

■ 中石 和良 氏 ※オンライン登壇

■ 中石 和良 氏 ※オンライン登壇

一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン 代表理事
パナソニック、富士通・富士電機ジョイントベンチャー、ITベンチャーを経て、2013年に独立・起業。2010年頃より、欧州のサステナビリティ思想・政策に関わり、2013年にドイツ発のサステナビリティに特化したホテル団体「BIO HOTEL協会」と公式提携。日本でのBIO HOTEL認証システム及び持続可能なライフスタイル提案ビジネスを展開。2018年、企業と政策決定者に向けて一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパンを創設。日本企業及び経済の「サーキュラーエコノミー」への移行を加速するプラットフォームを運営。日本でのサーキュラーエコノミーの正しい認知のために講演・セミナーを精力的に行う。現在は、大企業・中堅・中小企業まで幅広くサーキュラーエコノミー事業戦略/ビジネスモデル構築の支援を中心に活動。また、自らもサーキュラーエコノミーモデル事業を展開。著書「サーキュラー・エコノミー:企業がやるべきSDGs実践の書」ポプラ社

29 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る