NEWS

西武造園㈱ ロスフラワーを使用したオリジナル商品販売!

2022.07.18

ー2022年7月23日(土)石神井公園駅「西武グリーンマルシェ」にてー

西武緑化管理株式会社(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:植田 共一、親会社:西武造園株式会社)が運営する直営フラワーショップ「hale-hana plants+(ハレハナプランツプラス)」は、2022年7月23日(土)に西武池袋線「石神井公園駅」中央口改札前で開催される『西武グリーンマルシェ』に出店し、ロスフラワーを使用したドライフラワーのオリジナル商品などを販売します。

通常は廃棄されてしまう「ロスフラワー」や「ガラス廃材」の再活用で、SDGs達成につなげます。

TOP画像:「ロスフラワー」を使ったオリジナル商品(hale-hana plants+)

出店背景

西武グループ企業である西武緑化管理株式会社は、自社のネットワークを活かして地域と沿線事業をつなぎ、地域活性化に寄与貢献することを目的として、フラワーショップ「hale-hana plants+(ハレハナプランツプラス)」を運営しています。

地域で生まれた植物の魅力を伝え、植物のある暮らしをお客様にご提供すべく、西武鉄道株式会社が主催する2022年7月23日(土)開催「西武グリーンマルシェ」に出店いたします。
ロスフラワーを使用した「ハレハナ・フラワーボトル」

ロスフラワーを使用した「ハレハナ・フラワーボトル」

今回約2年ぶりとなる「hale-hana plants+(ハレハナプランツプラス)」の出店では、廃棄される予定の花『ロスフラワー』を使用した「ハレハナ・フラワーボトル」や、「ミニコサージュ」「ブーケ」などのオリジナル商品をはじめ、「ガラス廃材」を材料に用いたニジノハのフラワーベースなど、暮らしを彩る雑貨等も取り揃えます。

※西武グループでは、グループの経営理念である「グループビジョン」に基づき、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを「サステナビリティアクション」として積極的に推進しており、通常は廃棄される予定の花『ロスフラワー』を使うことで環境資源の有効活用・再利用につなげるとともに、西武鉄道沿線地域の活性化等にも寄与貢献します。

hale-hana plants+(ハレハナプランツ プラス)
店舗WEBサイト:https://hale-hana.com/
ネットストア:https://hale87plants.theshop.jp/


出店概要

「西武グリーンマルシェ」
開催日:2022年7月23日(土)※雨天決行、荒天中止
時間:10:00~15:00
会場:西武池袋線「石神井公園駅」中央口改札前(所在地:東京都練馬区石神井)

※詳細は「西武グリーンマルシェ」のWEBサイトをご覧ください。
http://www.seiburailway.jp/railways/aremokoremo-pj/seibu-green-marche/

販売予定商品:
・【オリジナル商品】ロスフラワーを使用した「ハレハナ・フラワーボトル」
・【オリジナル商品】ドライフラワーのオシャレな「ミニコサージュ」「ブーケ」など
・青梅市のガラス工房ニジノハの「フラワーベース」
・あざやかなサボテン「緋牡丹」
・清潔で育てやすい土に代わる新素材パフカルを使用した「ミニ観葉植物」
※いずれも当日なくなり次第、販売終了

オリジナル商品「ハレハナ・フラワーボトル」

ロスフラワーを使用した「ハレハナ・フラワーボトル」

ロスフラワーを使用した「ハレハナ・フラワーボトル」

販売価格:900円(税込) ※西武グリーンマルシェ特別価格
サイズ:直径5cm、高さ11cm


ドライフラワーのスワッグなどの制作時に出る端材(ロスフラワー)を再利用したエシカルなインテリア。
透明なボトルの中に、ドライフラワーを立体的に配置しました。ナチュラルな色合いは、お部屋にすっと馴染み、オシャレな空間を演出してくれます。ご自宅用はもちろんのこと、プレゼントにもおススメの一品です。

青梅市のガラス工房ニジノハの「フラワーベース」

青梅市のガラス工房ニジノハの「フラワーベース」

青梅市のガラス工房ニジノハの「フラワーベース」

販売価格:2,200円(税込)~

東京都青梅市のガラス工房「ニジノハ」の手吹きガラスのフラワーベースです。ガラス作品は、主に材料として廃瓶を用い、リサイクルガラスとして制作されています。ほんのりと計算できない色がつき、柔らかくやさしい雰囲気をまとったガラスの器をお楽しみください。

ニジノハ WEBサイト:https://www.rainbowleaf.jp/

31 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る