NEWS

東急ハンズ 使用済みステンレス製ボトルの回収がスタート

2022.07.22

株式会社東急ハンズ(本社:東京都新宿区)は、東急ハンズ京都店にて、7月20日(水)より使用済みステンレス製ボトルの回収を開始いたします。この取り組みは、タイガー魔法瓶株式会社(本社:大阪府門真市)が行っているリサイクルプログラムの一環です。東急ハンズはパートナーとなり取り組みを推進してまいります。(対象店舗は順次拡大予定)

回収したステンレス製ボトルは、リサイクル専門業者へ集約され、集まったリサイクル原料から再生ステンレス材および再生樹脂製品が生産されます。再生ステンレス材は新たな製品へと生まれ変わり再びお客さまの元へ、再生樹脂製品はタイガー魔法瓶社の各生産工場にて活用されます。
モノを消費・使い捨てするのではなく、再資源化することで、環境負荷低減と持続可能な経済成長を両立させる”
サーキュラーエコノミー※(循環型経済)”の実現を目指します。

※サーキュラーエコノミー...3R(Reduce(リデュース)・Reuse(リユース)・Recycle(リサイクル))取組に加え、資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動であり、資源・製品の価値の最大化、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止等を目指すもの

実施概要

使用済みステンレス製ボトルの回収(タイガー魔法瓶社製品以外も可)
対象店舗:東急ハンズ京都店
実施期間:2022年7月20日(水)より開始

タイガー魔法瓶サーキュラーエコノミーの取り組みについて
⇒ https://www.tiger.jp/feature/sdgs/

東急ハンズのSDGs達成へ向けた取り組み

当社は2015 年に国連サミットで採択された 2030 年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に積極的に取り組んでおります。
モノづくりの楽しさを子どもたちに伝える「ハンズヒントクラブ」の活動や、売り上げの一部をそらべあ基金へ寄付する「手の中のエコ」プロジェクト、包装資材の削減など目標達成に向けた活動を実施しております。

本取り組みは、回収活動を通じたサーキュラーエコノミー(循環型経済)の具体化、パートナー企業との連携による廃棄物削減を目指しており、SDGs達成の貢献に寄与できる取り組みと考えております。
8 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る