NEWS

メットライフ生命 神戸市と女性活躍推進のための意見交換会を実施

2022.07.25

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 ディルク・オステイン)は、神戸市と2022年6月に締結した包括連携協定の協定項目の一つである人材育成の取り組みとして、7月21日に神戸市職員の方々と当社神戸サイトの社員による、女性活躍推進のための意見交換会を実施しました。

意見交換会では、女性活躍とともに当社が推進しているダイバーシティ(多様性)、エクイティ(公平性)、 インクルージョン(包括性)(以下、DEI)の考え方や取り組み内容を共有しました。両者が抱える課題について活発な話し合いが行われ、DEIが人材育成にいかに重要かを理解する貴重な機会となりました。神戸市職員の方からは、当社のDEIに対する取り組みに対して「個人への意識醸成の重要性を実感した」、「今後の方向性を検討するうえで、新たな気づきを得ることができた」などの感想が述べられました。

また当日は、当社の神戸サイトの見学会も実施し、社員が働く様子や職場環境を神戸市職員の方々にご覧いただきました。

当社は神戸サイトを2005年に開設し、現在では500名以上の社員がONE KOBEの精神で業務に従事する重要拠点の一つです。今年3月には、当社の長崎本社副担当として職場環境の向上や地域社会への貢献活動に尽力してきた清野 由紀子が神戸のサイトリーダーに着任しました。神戸サイトにおいても女性社員のキャリア形成を支援し、より活躍できる職場づくりを推進しています。

今後も包括連携協定に基づいて神戸市と協働し、人材育成や環境サステナビリティなど、さまざまな取り組みを展開してまいります。

(ご参考)「神戸市とメットライフ生命との包括連携協定」の協定事項
(1) 人材育成に関すること
(2) スタートアップ支援に関すること
(3) 環境サステナビリティに関すること
(4) 健康増進、ウェルビーイング向上に関すること
(5) 神戸の魅力向上と情報発信に関すること
https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/608213880078.html

以上

【神戸市について】
神戸は、市街地から至近の場所に六甲山や里山農村地域が広がり、穏やかな瀬戸内海に面しているなど豊かな自然環境に恵まれています。この地理的特長を最大限に活かし、「海と山が育むグローバル貢献都市」をテーマに、持続可能なバランスのとれたまちづくりを進めています。
https://www.city.kobe.lg.jp/

【メットライフ生命について】
メットライフ生命は日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、現在は世界有数の生命保険グループ会社、米国メットライフの日本法人としてお客さまに常に寄り添い、最適な保障を選ぶお手伝いをしています。多様な販売チャネルを通じて、個人・法人のお客さまに対し幅広いリスクに対応できる、革新的な商品の提供に努めています。
https://www.metlife.co.jp/
2 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る