NEWS

京都ハンナリーズ ミニゴール・ボール贈呈REPORT

2022.07.26

理化学機器メーカーの株式会社DFC様ご協力のもと、幼児用ミニバスケットゴールとボール(各1点ずつ)を宇治市内のこども園、幼稚園などを対象に計37施設分を宇治市へ寄贈しました。新型コロナウイルス禍でストレスを感じている子どもの心のケアや運動機会の増加を目的とした活動です。松村淳子宇治市長より感謝状をいただきました。
京都ハンナリーズでは今回のような地域貢献活動をパートナーの皆様と協力しながら継続していきます。

【概要】

名称:幼児用ミニゴール・ボールの寄贈
協賛:株式会社DFC (http://dfc-kyoto.co.jp/)
日時:2022年5月25日(水) 宇治市役所にてミニゴール・ボール贈呈式実施、感謝状の受納
        2022年6月27日(月) 宇治市登りこども園へミニゴール・ボール贈呈式実施

【宇治市役所にて行われた贈呈式・感謝状受納の様子】

※松村淳子 宇治市長(左)、株式会社DFC 代表取締役社長 松本一希様(中央)、スポーツコミュニケーションKYOTO株式会社 前代表取締役社長 森田鉄兵様(右)

【宇治市登りこども園にて行われた贈呈式の様子】

※マスコットキャラクター・はんニャリンと園児の皆様

【松村淳子宇治市長より】

京都ハンナリーズさんには、4月にも宇治市の子ども達やそのご家族約300人を試合に招待していただくなど、子ども達へのスポーツ振興支援活動に心より感謝しております。宇治市では4月から、「第2期宇治市スポーツ推進計画」をスタートさせておりまして、「スポーツを楽しみながら、プラスアルファで地域作りも行う」という観点でスポーツの振興に取り組んでいます。子どもたちにはスポーツを通して色々な経験をしてもらいたいと考えておりますが、新型コロナウイルス感染症の影響で運動の機会が減っておりましたので、今回の寄贈は大変有難く思っております。ありがとうございました。

【社会福祉法人あけぼの会 登りこども園 桶屋園長より】

この度は、京都ハンナリーズ様及び宇治市様より宇治市の各保育園・こども園にバスケットゴールを贈呈していただき、誠にありがとうございます。宇治市の園を代表しまして、心より御礼申し上げます。この2年間あまり、コロナ禍で子ども達の日常生活にも制限がありましたが、今の日常を取り戻そうというタイミングで、このような機会を設けていただき、本当に感謝しております。子ども達にとっても、はんニャリンと一緒にボール遊びをした事は、とても良い思い出になると感じています。こういったイベントをきっかけとして、子どもたちが伸び伸びと遊べる日常を取り戻していきたいと思います。バスケットゴールは、子ども達と共に大切に使用させてもらいます。最後になりましたが、京都ハンナリーズ様の益々のご発展とご活躍を心から応援させてもらいたいと思います。ありがとうございました。

【株式会社DFC 松本一希代表取締役社長より】

弊社は宇治市の企業として宇治市に育てていただきました。その宇治市に対して何か少しでも貢献できればと以前から考えており、京都ハンナリーズさんのパートナー活動を通して今回の企画に繋がりました。私たちは理化学機器のメーカーであり、BtoBの事業ですので、京都ハンナリーズさんのパートナーをしているからと言って直接的な広告になるとは考えておりません。しかし、直接的でないとしても京都ハンナリーズさんと協力しながら、間接的に地域貢献活動を行うことは企業として重要なことだと認識しています。SDGsの観点から考えても大切なことですので、今回のような地域貢献活動は今後も続けていきたいと思います。

14 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る