NEWS

タメニー㈱ 8月7日は「パートナーの日」。大切さをより多くの人に認識してほしい。

2022.08.02

タメニー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、証券コード:東証グロース6181)は、毎年8月7日を、パートナーを思いやり、パートナーを特別に大切にする「パートナーの日」とし、日本記念日協会に登録しています。そこで婚活やウェディングなどのサービスを展開し「パートナー」について日々考えている当社社員に「パートナー」についてアンケート調査を実施いたしました。

「パートナー」について改めて考える

当社は毎年「8月7日」を、パートナーを思いやり、パートナーを特別に大切にする「パートナーの日」とし、日本記念日協会に登録しています。「パートナー」の存在の大切さをより多くの人に認識してもらうことが目的の記念日です。そこで当社ではこの機会を「パートナー」について改めて考えるきっかけにしていただきたく、「パートナー」に関して調査を実施いたしました。

パートナーの存在意義は「安心」

まずは、パートナーの存在意義はなんだと思うか聞いてみました。自由に記述してもらったところ、同じような言葉が多く出たため、ランキングにいたしました。「安心」という言葉が最も多く見られました。コロナ禍となり2年半以上が経過し、最近ではまた感染者数が増え始めています。先行きが見えないこの時代において「安心」はとても大切なことではないでしょうか。
コメントの詳細は以下の通りです。

・人生を彩ること(20代)
・人生の価値を高める(20代)
・日々の戦場を共に切り抜ける戦友(30代)
・時期によって変わる気がします。今は育児仲間です(30代)
・親友でもあり、家族でもある何よりも信頼できる存在(30代)
・自分の生活を豊かにしたり、お互いに成長するために欠かせない存在(30代)

・パートナーは娘になります。私の元に産まれてくれたことによる一生涯の責任と何があっても守り信じぬく存在です(30代)
・その存在が生きる上での心の支えになり、原動力になる。時には守りたいと思う存在となり、自分が強くなるきっかけとなる(30代)

・お互いを成長させられる必要不可欠な存在。一緒にいると自分だけでは知ることができない感情を発見できる貴重な存在。心の底から安心しあえる存在(30代)
・一緒に過ごす時間を重ねることで、自分と違う世界を知ることができる。距離の近い他人で、敬意を持ちつつ大切にしたい相手。夫や友人や会社のメンバーなど、色々な形のパートナーがいることで、人生が豊かになる実感があります(30代)

・自分のように大切な存在(40代)
・人生の中で一緒に生き抜く同志(40代)
・お互いがいることで個々の可能性も広がること(40代)
・心の支え、一番の味方でいてくれる安心感、子を育む同志(40代)
・お互いの信頼を基盤として成り立つ唯一無二の「味方」がいる安心感(40代)

・パートナーがいることによって得られる安心感、有事の時に共に対応できるチームの一員がいること(40代)
・運命共同体、家族としてお互いの家族も家族になるありがたい存在、二人の子どもを愛でられるたった一人の存在(40代)
・ひとりではないという安心感。ありのままの自分を見せることができて、直すべきところがあれば注意をしてくれる。一緒にいることでお互いに成長していけること(40代)

・私にとってパートナーは夫のことですが、支えあうこともあれば、すれ違ってストレスになることもあります。自分の意見や意思だけで生きていくのではないので、想像していなかった世界を見せてくれる存在(40代)
・【人生を半分預け合える関係】一人と一人の関係から二人という一つの人生になる。このことで人生は豊になり、一人だけでは見ることのできない多くの景色が見られ、一人だけでは味わえない、感覚を持つことができる。二人で一つの人生を守っていくこと(40代)

・心の支え、共に生きる喜び(50代)
・人生の喜怒哀楽を共にするかけがえのない存在(50代)
・弱音が吐ける唯一の相手。自分にはない知識や経験も多く、解決できないことにも的確な解決方法を教えてくれて尊敬ができる人。自分の人生を大きく変えた人(50代)
・人生を歩む上での安心感であり、人間関係を築く学びの場(60代)

相手の気持ちになり行動し、身近な人ほど期待を超える努力を行う

続いてパートナーとの関わり合いで普段気を付けていることについて答えてもらいました。婚活やウェディングなど「パートナー」について日々考えている当社社員ならではの回答も多いため、パートナーとの関わり合いに関して参考にしてみてください。

・自分がされて、言われて嫌なことはしない。褒め言葉などのポジティブな言葉は自分から進んで伝えること(20代)
・「親しき中にも礼儀あり」です。一番近い存在だからこそ"慣れ"というものがない状態を維持したいと意識しています(20代)
・お互いに自立した存在であること。結婚し、家族となっても「他人である」という意識を持って接すること。パートナーのことを、他の誰よりも「理解しよう」とすること(20代)

・何かしてもらうことを当たり前だと思わないこと(30代)
・お互い機嫌が悪い時は関わらない。自分の機嫌は自分でとる!(30代)
・想いを言葉にすること。会話やコミュニケーションを大切にすること(30代)
・相手のことを大切にすることは、自分を大切にすることだと思い、気を付けています(30代)

・会話の中で、愚痴は言ってもネガティブな終わり方をしない!お互いがお互いをポジティブにできるように!(30代)
・相手の状態の変化に合わせて、柔軟に関係も変化していきたいと思っています。ちょうどいい距離感で、お互いの世界を充実させつつ、必要なことはフォローできたらと心がけています(30代)

・違う人間ということ(40代)
・考え方は基本的に違うものとして接する(40代)
・自分軸が強くならないよう、わがままにならないよう気を付けています(40代)
・相手の気持ちになり行動し、身近な人ほど期待を超える努力を行うことです(40代)
・「ありがとう」「ごめんなさい」をきちんと伝える。家族でも最低限のマナーは守る(40代)

・感謝や労いの言葉、良いところを見つけたら時間をおかずに褒める、喧嘩しても半日以内に仲直りすること(40代)
・外でのイライラを家に持ち込まない。家は基本的にはお互いが羽を伸ばし安らぐための場所だということを心に置いて動くこと(40代)
・【理解しようとする姿勢・感謝】パートナーと言えども他者であるため、引っかかることや、自分とは違った部分はあるはず。そこを一つ一つ取り立ててしまえば、軋轢ばかりが生まれてしまうと思います。相手は相手で、自分に対してそういった部分を寛容になってくれているのだろうなぁと思うことができれば、自分も寛容に受け止めようと思える。また、相手に対してそこにいてくれるだけで、感謝の気持ちを持つ(40代)

・伝える、話すこと。(コミュニケーション)感謝の気持ちを持つこと(50代)
・相手の立場や気持ちになること。常に感謝の気持ちを持つこと(60代)

回答者の約6割が「パートナーバースデー休暇」を取得

当社の福利厚生に「パートナーバースデー休暇」があります。
パートナーの誕生月に休暇を1日取得できる制度で、恋人や配偶者との時間を大切にしてほしいという会社の想いがあります。どれくらい取得しているか聞いてみたところ回答者の約6割が取得したことがあると回答しました。
実際どういったことに利用したのでしょうか。社員の声を集めてみました。

・ペットも含め家族全員で思い出の場所を巡りました。大切な日に大切な人と過ごせることに幸せを感じました(20代)
・パートナーからはとても好評でした。一日、一人の時間を過ごしてもらいました(30代)
・毎年夫の誕生日に取得させていただいています。いい会社だねと、話しています(30代)
・お誕生日当日に取得させてもらい、お出かけ・お食事とお祝いして過ごせました。人生で最高の誕生日だと喜んでもらえました~!(30代)

・お互いの誕生月が同じなので自分のバースデー休暇と一緒に取得して、家族で旅行に出かけたりしています(40代)
・普段の休日が異なるため、毎年休暇を利用してディナーに行っています。パートナーバースデー休暇が新鮮らしく「さすが婚活の会社だね」と、毎年初めてのように感心しています(40代)
・パートナーの好きなところで外食したり、感謝を込めてプレゼントを渡したり、二人のクオリティタイムにさせていただきました。大事にされている気持ちになると喜んでくれます(40代)
・一緒に過ごし話し合いお互いに感謝し合う日として、日常ではできない、旅行やお出かけをしました。特別な日を過ごせた喜びや幸せを共に生きていく糧にできたと思います(40代)
・旅行や食事に出かけました。子どもが生まれてから仕事や家事育児に追われる日々で夫婦の誕生日の特別感がなくなっていたので、パートナーバースデー休暇として休みを取ったことによって特別感が生まれ、喜んでいました(40代)

・誕生日のお祝いをしたり、お出かけや旅行に行きました。「パートナーバースデー休暇がある会社なんて、さすがだね!」と言われました(50代)
・毎年パートナーバースデー休暇取らせていただいていますが、奇しくもパートナーの誕生日と実父の命日が1日違いのため、実家に帰りお墓参りをして家族みんなで誕生日祝いをしています(50代)
・実際の誕生日(ピンポイント)で使うことはありませんでしたが、単身赴任の主人と会ったり、コミュニケーションを取る良いきっかけになっています。入社当時、「パートナーバースデー休暇」があるなんて、素晴らしい会社だねと主人は申しておりました(50代)
14 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る