NEWS

(公財)みんなの夢をかなえる会 高校生みんなの夢AWARD3 全国大会グランプリが決定!

2022.08.05

公益財団法人みんなの夢をかなえる会(以下、当法人)は、全国の高校生が社会問題を解決するビジネスモデルを発表する「高校生みんなの夢AWARD3全国大会」を8月3日(水)に国立オリンピック記念青少年総合センター(カルチャー棟小ホール)にて無観客で開催いたしました。「

「都市蜜源を有効活用せよ!!」というビジネスモデルを発表した山路菫さんがグランプリに輝きました。(配信アーカイブ https://yumeaward.org/school/

「高校生みんなの夢AWARD3全国大会」とは

当法人は、起業家の発掘・育成・支援を目的に、ビジネスコンテスト「みんなの夢AWARD」を12年連続で開催してきました。2020年より起業家予備軍の裾野を広げる為、高校生を対象としたビジネスモデルコンテスト「高校生みんなの夢AWARD」を開催し、今回は第三回目となります。

「高校生みんなの夢AWARD3」にエントリーする高校生は、当法人がオンライン上で無償公開している「ソーシャルビジネス学習プログラム」を通じて、世界・日本・地域の様々な社会問題について学び、社会問題を解決する10人の起業家の事例に触れ、ビジネスの基本について学習します。そして、自らが関心を持った社会問題を解決するビジネスモデルを立案します。

全国各地からエントリーが集まり、予選を勝ち上がった高校生は、ファイナリストとして全国大会でビジネスモデルを発表し、グランプリと準グランプリが選ばれます。審査基準は、①共感性+社会性、②実現可能性で、高校生を対象とした一般的なビジネスアイデアコンテストと違い、売上高や利益まで試算し、商品やサービスの差別化戦略までが審査対象となります。当法人の代表理事でワタミ株式会社代表取締役会長兼社長の渡邉美樹審査員長をはじめ、現役の経営者や税理士法人の代表者が審査員を務めます。

グランプリ・準グランプリ受賞者には、ビジネスモデルに関連する国内外いずれかの研修旅行券が贈呈されます。なお、エントリーした全ての高校生に、総合型選抜(旧AO入試)・推薦入試や就職試験で活用できる『高校生みんなの夢AWARD3エントリー証明書』を発行しております。

北海道~沖縄まで全国63校176名から選ばれた10名の高校生ファイナリストが多彩なビジネスモデルを発表

新型コロナウィルス感染症予防対策の為、全国大会は国立オリンピック記念青少年総合センター(カルチャー棟小ホール)にて無観客で開催。10名のファイナリストからは様々な社会問題を解決する、高校生らしいアイデアに富んだビジネスモデルが発表されました。

①  渡辺 結衣さん 豊島岡女子学園高等学校1年 【規格外野菜でベビーフード!】


②  吴 彦祖さん 郁文館高等学校3年 【Follow Your Dream(FYD)〜次世代型学童で外国ルーツの子どもたちに居場所を〜】


③  中村 舜世さん 洛星高等学校2年 【外国人観光客とガイドをつなぐアプリ 今日からあなたも立派な観光大!?】


④  三宅 茉莉さん 岡山県立矢掛高等学校2年 【渋沢栄一氏・地域活性化プロジェクト】


⑤  大樫 蒼生さん 兵庫県立佐用高等学校3年 【山を開拓し、若者を呼び込むぞ~!】
35 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る