NEWS

㈱シエナ 海にやさしいオーガニックコットンのランドリーネット発売開始

2022.08.11

株式会社シエナ(本社:東京都渋谷区)が展開する植物由来のフレグランスブランド「suuw.(スゥドット)」から、海にやさしいオーガニックコットンのランドリーネットを2022年8月17日(水)よりオンラインストア(https://suuw.jp/)にて発売開始いたします。

ブランド第一弾プロダクトとして2021年9月より発売している、天然由来成分95%以上を実現した洗濯洗剤・柔軟剤が大変ご好評をいただく中、「洗剤や柔軟剤は環境に配慮しているのに、洗濯ネットはこのままでいいのだろうか?」と考え、環境に配慮した洗濯ネットの発売に至りました。フレグランスブランドではありますが、“人・動物・地球すべてにやさしく”を大切にしているからこそ、お洗濯が環境へ及ぼす影響について、ひとりでも多くの方に考えるキッカケを提供できれば、という想いを込めています。

Message

天然繊維のオーガニックコットンでできた、
マイクロプラスチックを生み出さないランドリーネットです。
海洋ゴミのマイクロプラスチックが近年重大な環境問題となっていますが、
天然繊維はマイクロプラスチックが発生しない海にやさしい繊維です。
地球環境を守るためにできることを、
まずは日々のお洗濯から一緒にはじめませんか?

コットンは最も海にやさしい素材です

衣類を洗濯する度に抜け落ちる、何千ものマイクロファイバー。すべての繊維製品がマイクロファイバーを生成しますが、合成繊維はマイクロプラスチックを生みます。これらは洗濯水と一緒に排水され、水処理施設をすり抜けて最終的に川や海に流れ、汚染しています。

●天然繊維のマイクロファイバーは生分解性があります

コットン、ポリエステル、レーヨン、コットン・ポリエステル混の4種類の繊維を、洗濯と乾燥の両方の工程で比較したとき、最も多くのマイクロファイバーが発生したのはコットンでした。
しかし、4種類の繊維を洗濯水の中に放出したとき、ポリエステルは8ヶ月間で6%しか分解されず、その後、分解過程は停止してしまったのに対し、コットンは同じ期間で76%も分解され、その後も分解が進みました。
コットンは他の繊維製品に比べ多くのマイクロファイバーを放出しますが、天然繊維は処理工程や自然の水環境の中で分解が盛んに行われます。つまり、コットンは最も環境にやさしい素材といえます。

環境にも使い勝手にも配慮した3つのこだわりPOINT

1|サステナブルなオーガニックコットンを使用
素材にはTRUECOTTON(トゥルーコットン)を使用しています。TRUECOTTONは「農場と紡績工場の特定」ができる、TRACEABLE(追跡可能な)トルコオーガニックコットンです。
※「TRUECOTTON」は豊島株式会社の登録商標です

2|植物由来の原料でできた、土に還る性分解ストッパーを装着
リサイクルが容易ではないファスナーではなく、バイオマスプラスチックでできたストッパーをつけました。土中で分解されて自然に還るため、石油系原料とCO2排出量の削減に繋がります。

3|巾着タイプで中身が飛び出しにくい設計
「巾着タイプだと中身が飛び出そうで心配」というユーザー様の声を元に、ストッパーをつけることでヒモが解けにくい設計にしました。使い勝手にもこだわり、安心してお洗濯ができます。さりげなくヒモに印字されたロゴもポイントです。
22 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る