NEWS

㈱ベンナーズ フードロス削減を目指すお魚のミールパックを販売

2022.08.13

株式会社ベンナーズ(取締役社長:井口剛志)が運営する、魚のフードロス削減を目指すお魚ミールパックのサブスクリプションサービス「Fishlle!」(以下、フィシュル)では、毎月1つ新フレーバーの開発を行いお客様にお届けしてまいりました。この度8月に新しく「おかか和え」を登場させたことで、味付けの種類数が20種類を突破いたしました。

サービス概要

株式会社ベンナーズは、魚のフードロスを減らすことで“日本における水産業の発展”と“作り手、使い手、社会を豊かにすること”を目的に、2021年3月、ECサイトにてお魚のミールパックのサブスクリプションサービス「Fishlle!(フィシュル)」をスタートしました。

昨今、ライフスタイルの変化などにより食に対する消費者ニーズが多様化しています。更にコロナウィルスの影響から人々の生活・行動様式についても変化しており、外食と内食の垣根がなくなっていくと予想されています。
 
新たな生活様式に対応したお魚ミールパックを普及させることにより、衰退の一途をたどる日本の魚食文化の再建を目指しています。加えて私たちは、「未利用魚」を積極的に利用しています。未利用魚とは十分な水揚げ量が無い、形が悪い、傷がついている等の理由で市場に出回らず廃棄されてしまう魚を指します。日本の総水揚げ量のうち、約30~40%が未利用魚とされています。私たちはこの未利用魚の活用により、フードロス削減と漁業者の収入増加を図り、「SDGs12条」「SDGs14条」への貢献を目指しています。

 私達は食の三方良しを実現し、未利用魚を含めた全ての魚を大切にしていくと共に、フィシュルに関わってくださっているサポーター、企業様、生産者さん達をパートナーだと考え、日々、サービスの向上に努めています。
※SDGs12条:つくる責任 つかう責任 持続可能な方法で生産し、責任を持って消費する

※SDGs14条:海の豊かさを守ろう 持続可能な社会のために、海と海の資源を守る海と海の資源を持続可能な方法で利用する
ミールパックに使用しているお魚はすべて天然国産、調味料も基本九州産で完全無添加のため安心・安全です。さらに、魚が水揚げされたその日に加工し急速冷凍するため鮮度は抜群。ご家庭で普段食べるよりも新鮮なお魚を味わえます。

 そしてフィシュルでは、毎月1つ新しい味を開発して皆様のもとにお届けしています。夏はさっぱり食べられる生食用、冬は温かいおかずになる加熱用など、季節や旬に合う味付けを考案し提案しております。ユーザーの方からも、「飽きが来ない」「レパートリーが増える」とご好評いただいております。

人気フレーバーとアレンジレシピ

【煮切り醤油漬け】

日本でも数少ない大豆の発酵から取り組んでいる福岡県の糸島の醸造元、ミツル醤油さんの”生成り”と熊本の赤酒、幻の黒糖と称される福岡県の朝倉の三奈木砂糖を使用して作った特製の煮切り醤油でじっくり漬け込みました。

写真では、茹でたうどんに乗っけて簡単&ボリューミーなぶっかけうどんにアレンジしています。

【麦味噌漬け】

発酵界では知らない人はいない発酵デザイナー・小倉ヒラクさんプロデュースの井伊味噌と、幻の黒糖三奈木砂糖、赤酒をブレンドして作った特製の味噌でじっくり漬け込みました。

写真では野菜とともにせいろ蒸しにしています。一見手が込んでいるように見えますが、実は魚を解凍して野菜と一緒に蒸すだけで出来上がりです。

【ハーブオイルマリネ】

玄界灘の天然鮮魚を、福岡県八女市で育てられた希少なハーブと長崎県産藻塩、イタリア製オリーブオイルでマリネしました。

写真のレシピは、オリーブやドライトマトと和えてイタリアンマリネに仕上げています。白身魚がワインによく合うおつまみです。

【ハーブオイルコンフィ】

上のハーブオイルマリネと同様の味付け、こちらは加熱用です。

湯煎してお好みの食材を加えるだけで、夜ご飯のメインディッシュにも、ランチにもピッタリのコンフィが出来上がります。

【梅生姜漬け】

日本屈指の梅干しの名産地、大分県日田市大山町。その大山町で完全無添加無着色のこだわりの梅干を製造している、森食品さんの梅干を使用して作りました。

叩いたきゅうりとあわせて、夏にぴったりの副菜に仕上げています。

和風カルパッチョ】

福岡県の糸島で地元の人々や飲食店に愛されてきた高祖工房さんにて、魚に合うよう特別にブレンドして頂いた和風ドレッシングを使用しました。ドレッシングに使用される原材料は全て糸島産だそう。

紫蘇や茗荷など、夏を感じる薬味とともにサラダにするのがおすすめです。
22 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る