NEWS

レッドホースコーポレーション㈱ 【9月1日は防災の日】「ローリングストック特集」を公開

2022.08.22

農畜水産物の産直サービス「産直アウル」(運営:レッドホースコーポレーション株式会社)は、9月1日の防災の日を前に「産直アウル」のユーザーを対象に、防災に関する意識調査を実施しました。また、その結果から産直アウルのサイトにて「ローリングストック特集」を8月18日(木)より公開いたします。

防災に関する意識調査の実施及び特集サイト公開の背景

レッドホースコーポレーション株式会社では地方創生事業に取り組む中で、自然災害などによって地域住民の方や生産者様が苦労されている姿を目の当たりにしました。また当社も被害を受けた実情があることから、防災関連事業への取り組みを強化してきました。
そしてこの度、9月1日の防災の日を前に当社が運営する産直サービス「産直アウル」のユーザーを対象に、防災に関する意識調査を実施いたしました。
また、その結果から「ローリングストック法」に着目し、産直アウルの生産者様と連携した特集サイトを8月18日(木)より公開いたします。

■調査結果概要
1.防災備蓄の推奨目安「3日分×家族の人数分」を知っている人は7割以上である一方、実際に備蓄できている人は3割以下
2.防災備蓄にあったらいいなと思う機能の上位は「場所を取らない」「日常使いできる」「食べやすい」
3.「ローリングストック」の認知率は53.1%と半数以上である一方、「知っていても実践できていない人」が58.5%。

防災備蓄の推奨目安「3日分×家族の人数分」を知っている人は7割以上である一方、実際に備蓄できている人は3割以下

防災備蓄の推奨目安「3日分×家族の人数分」を知っているか尋ねると、73.2%の人が「知っている」と回答し、産直アウルユーザーの7割以上が防災備蓄の推奨目安について理解していることが分かりました。しかしその一方で、「3日分×家族の人数分」の防災備蓄ができているかを尋ねると、「とてもそう思う」が1.5%、「そう思う」が21.5%と、実行できている人は3割未満となり、防災備蓄への意識はありつつも、実行に移せていないことが浮き彫りになりました。

防災備蓄にあったらいいなと思う機能の上位は「場所を取らない/重くない」「日常使いできる」「食べやすい」

防災備蓄にあったらいいなと思う機能について尋ねると、1位は「場所を取らない/重くない」2位は「日常使いができる」、3位には「食べやすい」がランクインし、防災備蓄としてわざわざ準備をするのは手間と感じている方も多いようです。

「ローリングストック」の認知率は53.1%と半数以上である一方、「知っていても実践できていない人」が58.5%。

■調査概要
調査機関:自社調査
調査手法:インターネット調査
有効回答数:807件
調査実施日:2022年7月15日~2022年7月20日まで
調査対象者:「産直アウル」登録ユーザー

産直アウルにて「ローリングストック特集」を公開中

特集では産直アウルに登録している事業者様・生産者様が参画し、ローリングストックの基準となる「常温保存できる」「消費期限が長い」「調理なし、または簡単に食べられる」の3点をベースにセレクトしています。長期間常温保存が可能な、茹で済みじゃがいもや、トマト農家さんが国産食材だけで作った、温めるだけの簡単本格アヒージョなど、産直アウルならではの食材をまとめて紹介しています。
産直アウルでは今後も参画してくださる事業者様・生産者様を増やしていき、特集サイトの拡充を目指していきます。
サイトURL:https://owl-food.com/features/rollingstock
33 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る