NEWS

The CAMPus BASE 加速する地方移住に次世代型農業を学び、豊かな自然と子育て環境に恵まれた「長野県伊那市」への移住・半移住を支援。

2022.08.27

小さくても質が高い「コンパクト」な次世代型農家の営み方を学ぶ「コンパクト農ライフ塾※」を主宰する株式会社The CAMPus BASE(ザ・キャンパス・ベース 東京都世田谷区、代表 井本 喜久)は、地方へ移住・半移住を希望する人を対象とした田舎暮らしを成功に導く特別プログラム「INASTA(イナスタ)」 (https://thecampus.jp/compactagri/inasta/)第5期生の募集を開始します。

プログラムはオンライン講座を基本としており、10月14日(金)から12月4日(日)の1.5ヶ月という短い期間で移住・半移住×農ライフを実現することが可能です。長野県伊那市との提携により、伊那市での農のある暮らしを実地研修で体感し、移住に向けたサポートを受けることもできます。受講をご検討の方向けに2022年9月3日(土)より「INASTA無料オンライン説明会」「卒業生との座談会&移住相談会」(https://inasta5.peatix.com/)を実施します。

※コンパクト農ライフ塾:小さくても収益性の高い農家を目指すビジネスパーソン向けのスクールとして、これまで200名以上の卒業生を輩出してきました。

「INASTA(イナスタ) 」について

INASTA(イナスタ)とは、都会で働きながら地方へ移住・半移住を希望する人を対象とした田舎暮らしを成功に導く「田舎暮らしスタートアップ応援プログラム」です。

田舎暮らし(移住や半移住)をはじめるにあたって誰もが一番気になるのは「仕事」のこと。
「今の仕事を辞めて田舎に仕事があるのだろうか?」
「今の仕事を辞めずとも田舎でサイドビジネスを始められるのだろうか?」
「移住を機に自らの力で起業してみたいが田舎でうまくいくのだろうか?」
など仕事にまつわる悩みも様々です。
その解決策としてコンパクト農ライフをオススメします。
自らの生業として「小さな農業」を無理なく行いながら、自然に囲まれたシンプルなライフスタイルを確立する。しかも、その方法を具体的なエリア(地域)に絞り込んで実現化を徹底アシストするのが当プログラムの特徴です。

2021年9月にINASTAの第一弾として長野県伊那市と連携してINASTA in 伊那市を開催して以来、今回が5期目の開催となります。

「INASTA」への想い|農作業より「暮らし」をみせることで移住をリアルなものに

INASTAを通してコンパクト農ライフを伝えるとき、もちろん農作業のやり方も必要ですが、本プログラムで特に一生懸命伝えているのは「暮らし」の部分です。
どんな人たちが、どんな価値観で、どんな想いを持って、その地域で暮らしをつくっているのか。
「3年後に移住しようと思っていたけれど、暮らしがリアルに想像できてすぐに動いちゃいました!」
そんな声が響き渡るような場をつくっています。

▼代表井本のINASTAへの想いはこちらの動画でもご覧いただけます

移住×農ライフを成功に導くINASTAとは

こんな方におすすめ

・田舎暮らしを具体的に始めようと思っている人
・よいエリアがあれば全国どこでも移住していいと思っている人
・今の仕事を辞めないで都市と農村の2拠点生活を検討している人
・小さなエネルギーで大きな豊かさを得る小規模農家の営みに興味を持っている人
・セカンドライフとして持続可能な自給自足の暮らしを検討している人
・自然環境の中で、のびのびと子育てをしたいと思っている人
・長野県や伊那市への移住を検討している人

プログラム 3つの特徴

特長1 1.5ヶ月の超短期間で田舎暮らしへのステップを学べる
何から手をつけていいかわからない田舎暮らし。
オンラインで農的暮らしと商いのつくりかたを学びながら、現地実習でそれを体現している人々と出会うことができます。オンラインと実地研修を組み合わせることで超短期間ながらノウハウ満載のプログラムを実現しました。

特長2 すでに夢を叶えている先輩、これから叶えようとする仲間と出会える
コンパクトな農業で成功されている豪華講師陣のノウハウを学び、その地域でオモシロい生き方や活動をしているキーマンにたくさん出会うことができます。またここで知り合った志を同じくする仲間は、一生の財産になります。

特長3 「暮らし」から地域を知る
ただ人と出会い、農業体験をするだけではなく、そこでの「暮らし」を体験できるようなプログラムになってます。商いだけではなく、そこでの「リアルな暮らし」にも触れることで、自分がその地域でどんな農的暮らしや商いをしていきたいか、その地域との相性が良いかを具体的にシミュレーションできるようになるはずです。

INASTAを経て移住を決めた受講者の声

東京都 30代 自営業
私は農的な暮らしをするための場所を探してきました。伊那市は都会と田舎が混在する暮らしに便利な場所であり、また、INASTAで人の繋がりができたことが移住を後押ししました。INASTAの現地研修では現地の方たちと交流する時間があり、伊那市での暮らしを具体的にイメージすることができました。また、移住後も暮らしに必要な情報を伺うことができました。人と繋がることができるのがINASTAの最も大きな魅力だと思います。現在は伊那市に土地を購入し、暮らしと森のデザインを少しずつ始めています。

栃木県 30代 会社員
当初は別の地域を考えていましたが、伊那市は家族全員が各々やりたいことを実現できる地域だと感じ、妻と3歳の娘と来春の移住を決意しました。移住にあたって一番の課題は、家族が持続的に暮らしていける収入を作っていくことですが、INASTAで出会った考えの近い先輩農家さんの生き方にリアリティを感じ、具体的な経営実績の数字も教えてもらったことで、明確に自身の将来の姿が想像できました。山が好きなので山岳ガイドの準備も進めています。
43 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る