NEWS

医療従事者応援と食品ロス削減を同時に。日本初の産官民SDGsスキームをロスゼロと川西市が開始

2021.09.04

食品ロス削減事業『ロスゼロ』を運営する株式会社ビューティフルスマイルは、包括連携協定を結ぶ川西市と協力し、市内の医療従事者5,300人への感謝としてスイーツや食材を9月中旬よりお届けする。

プロジェクトの詳細と実施期間

【1】2021年8月27日 川西市がふるさと納税「ふるさとチョイス」開始。
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1382
【2】8月31日~ありがとうプロジェクト開始。5,300人の医療従事者に連絡、ロスゼロECサイト内で使えるポイントを進呈。
【3】医療従事者は好きな時間にロスゼロで買い物
https://www.losszero.jp/kawanishi.html
【4】9月中旬ロスゼロから発送開始
【5】2022年3月末 事業終了

食品ロスとコロナ禍

食品ロスとは、賞味期限・安全性に問題がないにも関わらず廃棄される食品を指し、日本では年間600万トン発生している(農水省)。長く続くコロナの影響により、様々な食品ロスが日本中で発生。観光客・インバウンド不振による土産物需要の激減に始まり、重なる人流抑制や飲食店の休業、百貨店の時短によりロス予備軍が多く発生。

『ロスゼロ』サービス概要

『ロスゼロ』
2018年4月より、「もったいない、を次の笑顔へ」をミッションとし、未利用原料や未利用食品を消費者につなぐことで食品ロスを削減するフードシェアリングサービスを提供。造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐBtoCのほか、自ら未利用の原材料を使ってオリジナルの「アップサイクル食品(Re:Youチョコレート)」を製造し、DtoCを行う。
作り手のブランド棄損を起こさないよう、ロスの理由や作り手の思いをHPやイベントで丁寧に顧客に伝え、もったいないものをポジティブに消費してもらうエシカル消費を社会に提案。2020年度以降、売上・取扱量が急伸、現在は大企業との提携などを積極的に進めている。
他にも、規格外食材を積極的に使った食堂イベント「ロスゼロ食堂」を不定期開催するほか、食品ロスや環境に関する情報コンテンツを高校・大学生と共に作るなど人材育成にも注力。
大阪府「おおさか食品ロス削減推進パートナー」認定企業。2020年「食品産業もったいない大賞」審査委員長賞受賞。東大阪市及び兵庫県川西市と包括連携協定を締結、市の窓口を通じて子供食堂や福祉施設を支援。

・会社名:株式会社ビューティフルスマイル 代表取締役 文美月
・所在地:〒550-0014 大阪市西区北堀江1-1-21四ツ橋センタービル9F
・事業内容:食品ロス削減事業『ロスゼロ』
・URL:http://losszero.jp/
・URL:http://beautifulsmile.co.jp/
23 件
〈 2 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る