NEWS

【三浦工業株式会社】 熱水殺菌工程で発生するCO2排出量を53%削減! 純水ユニット(熱水殺菌仕様)の開発とシステムの再構築 

2021.09.09

熱水殺菌での水質管理を必要とする医薬現場等の安全性を追求。

特長

1.熱水殺菌による高度な品質管理

耐熱性に優れた部品構成のため、80℃の熱水殺菌が可能です。

2.熱水殺菌のランニングコスト約54%削減・CO2約53%削減

熱水殺菌時に原水タンクの加温を行わないことで、系内の保有水量が低減し、熱量を抑制。蒸気のランニングコストが低減できます。
▲熱水殺菌工程ランニングコストの比較

▲熱水殺菌工程ランニングコストの比較

<条件> 活性炭ろ過装置WA-400ACMと純水ユニットU-3600SHFの場合で比較(弊社調べ)

3.熱水殺菌時間を約37%削減

2つの熱水殺菌回路に分割することで前段の活性炭ろ過装置と純水ユニットを同時に熱水殺菌することが可能。熱水殺菌時間を削減できます。
▲熱水殺菌工程時間の比較

▲熱水殺菌工程時間の比較

<条件>【活性炭ろ過装置】熱水殺菌時間70分、【純水ユニット】熱水殺菌時間120分の場合(弊社調べ)

4.適切な装置構成によるワンユニット化

原水水質・要求水質に応じた適切な装置構成を専用架台に搭載し、省スペース化が可能です。
また、装置間の配管・配線工事も不要なため、工事の短縮も図れます。

5.ミウラ独自の3つのフィードバック制御で省エネ・省水

「2019年度 省エネ大賞 製品ビジネスモデル部門 省エネルギーセンタ―会長賞」を受賞した「MRO-CG型」の機能を標準搭載しております。「MRO-CG型」は、ミウラ独自の3つのフィードバック制御により、年間平均30%の省エネ、年間平均10%の省水(従来型比)を実現しています。

弊社では、現場ループ配管施工も対応しており、前処理→精製水製造設備→精製水供給設備までトータルでご相談いただけます。主要都市にエンジニアリング部も配置し、システム設計から工事まで一貫して弊社で行っており、さらに、1,000名以上のフィールドエンジニアが迅速に駆け付けられる体制をとっています。お客様に適切な製品とシステムを提案するだけでなく、工事・納入後も、組織力・機動力に優れた体制で、今後もお客様の安心・安全な環境を追求していきます。

販売機種

純水ユニットU-0600SHE/F ~ 純水ユニットU-3600SHE/F

業種

飲料・機械・化学・化粧品・製薬ほか

ご利用用途

超純水製造前処理・製造用水・洗浄用水ほか

純水ユニット(熱水殺菌仕様)が該当するSDGs目標

純水ユニット(熱水殺菌仕様)が該当するSDGs目標

会社情報

三浦工業株式会社 MIURA CO.,LTD.
〒799-2696 愛媛県松山市堀江町7番地

◆事業内容◆
小型貫流ボイラ・舶用補助ボイラ・排ガス(廃熱)ボイラ・水処理機器・食品機器・滅菌器・薬品等の製造販売、メンテナンス、環境計量証明業 等
◆設立◆
1959年5月1日
◆代表者◆
代表取締役 社長執行役員 CEO 宮内 大介
◆資本金◆
95億4400万円(2021年3月31日現在)
◆従業員数◆
単独3,246名/連結6,047名/グループ6,072名(うち海外1,826名)
※正社員・準社員のみ
◆Webサイト◆
https://www.miuraz.co.jp/
36 件
〈 2 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る