NEWS

スローフードの”食の世界遺産”「味の箱船」。日本にて新たに10食材登録で国内全74品目へ。

2021.11.06




⑩ 祖谷のソバ

地域で代々種継ぎされてきた在来種のソバ。他の地域のものに比べると小ぶりで、丸みの強い形状をしています。白い花が咲く品種と赤い花が咲く品種とがあり、実は茶褐色をしています。徳島では、脱穀したソバの実を粒のまま塩水で煮て干した「そば米」で、そば米雑炊という汁物が食べられています。また、祖谷そばという、麺の太さが太いソバも、この地に特徴的な食です。
祖谷のソバ

祖谷のソバ




【祖谷で登録証書の贈呈式を行います】

徳島県三好市祖谷地域より雑穀6種が同時登録となったことについて、登録証書の贈呈式を下記の日程で行います。

日時 11月22日 15:00-
場所 三好市東祖谷総合支所
出席者 東祖谷総合支所長、祖谷雑穀生産組合、徳島大学 内藤准教授、日本スローフード協会(リモート) など

取材をご希望の方はお問い合わせよりご連絡ください。



●味の箱船のこれから
今回登録された『味の箱船』はまだまだほんの一部です。ひとつの食材がなくなるということは、そのまわりにある様々な生態系や文化そのものがなくなるということに繋がります。毎日とても身近にある食を通して、私たちと自然との関係性を考えるきっかけをつくる。味の箱船の活動は日本のみならず、世界で今日も歩み続けていきます。


● 日本スローフード協会とは
スローフードとは、私たちの食とそれを取り巻くシステムをより良いものにするための世界的な草の根運動です。郷土に根付いた農産物や文化を失うことを始め、ファストライフ・ファストフードの台頭、食への関心の薄れを憂い、1989 年にイタリアで始まり、現在160カ国以上に広まっており、国際組織でもあります。​「おいしい、きれい、ただしい(Good, Clean, Fair)食べ物をすべての人が享受できるように」をスローガンに、食を真ん中に置いた様々なプロジェクトを数々持っています​。日本スローフード協会は、スローフード国際本部から正式な承認を受けた国内運営機関として2016年3月に発足しました。日本各地に草の根活動をする支部を持ち、団体の国際化・活性化を、産官学民連携しながら行っています。
日本スローフード協会

日本スローフード協会



◎団体概要
一般社団法人 日本スローフード協会
https://slowfood-nippon.jp/
37 件
〈 3 / 3 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る