ACTION

今日からできるSDGsアクション 12

2022.04.25

“SDGs目標の達成”というと「私ひとりが何かをしたところで」って思いがちですが、私たちの日々の暮らしの中ででもできることは意外と簡単で、節約や節電など実はすでに生活に取り入れているアクションも多いと思います。
私たちが生きる地球の未来をより良くしていくために。
身近にできることから少しずつアクションしてみませんか。

Action_#11 温水洗浄便座のフタは閉めておく習慣を

温水洗浄便座は電源のオンオフの切り替えどきがなく、24時間ずっと電力を消費している。便座のフタを開けっぱなしにしておくと、当然だが熱が逃げ、便座の温度は下がる。フタを閉めることで保温の役割をしてくれるので、節電効果が期待できる。また、使用後に流す水の勢いは思っている以上。使用後にフタをして流せば細かい水しぶきの飛散も防げる。節電機能やタイマー機能付きの機種ならそれを上手に使い、旅行など長期不在にする場合は電源スイッチをオフにして出かけよう。

Action_#12 誰かが身につけていた洋服や着物を受け継ぐ

かつて両親や祖父母が着ていた洋服や着物を譲り受けるいわゆる「お下がり」もサステナブルにつながる。レンタル主流の成人式の晴れ着だが、母親の振袖を譲り受けて着る「ママ振」も注目されている。衣類だけでなくバッグ、アクセサリー、時計など、誰かが大事にしていた愛用品も積極的に取り入れてファッションを楽しむ感覚を持ちたいもの。
36 件
〈 3 / 3 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る