企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

最新イベント・セミナー情報

2021.12.04

SDGs実現に向けサステナブル材料をテーマにした展示会がついに開催!"第1回 サステナブルマテリアル展"

脱炭素社会、サーキュラーエコノミー(循環型経済)を実現するための材料やソリューションが出展

【 第1回 サステナブルマテリアル展 通称:SUSMA(サスマ) 】が、いよいよ来週12月8日(水)~10日(金)の3日間、幕張メッセにて開催されます。本展は、植物由来材料や生分解材料、リサイクル材料といった環境配慮型の材料に特化した商談展です。脱炭素社会、サーキュラーエコノミー(循環型経済)を実現するための各種材料やソリューションが多数出展、実際に「見て」「触れて」比較検討できます。ぜひ取材にお越しください。

<展示会概要>
展示会名:第1回 サステナブルマテリアル展
会期:2021年12月8日(水)~10日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17時まで)
会場:幕張メッセ   主催:RX Japan(株)(旧社名:リードエグジビションジャパン)
HP:https://www.susma.jp/

~貴社の企画にあわせて出展製品をご紹介します!~
取材のお申込はこちら>> https://regist.reedexpo.co.jp/expo/FPD/?lg=jp&tp=press&ec=FPD
 (18465)
サステナブルマテリアル展には、様々な環境配慮型の材料が多数出展いたします。今年も残すところ1ヶ月、2022年へ向けて、これから注目の製品を一部ご紹介します。​

【お米(非食用米)のプラスチック ライスレジン】 : (株)バイオマスレジンホールディングス

 (18468)
規格外、破砕米、屑米などの非食用の「資源米」を原料とした国産バイオマスプラスチック。

元来地球上にある植物を原料とするため、地上の二酸化炭素の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」の性質を持ちながら、従来のプラスチックと比べてもコストや成形性、強度などはほぼ同等というエコフレンドリーな新時代の素材です。

【サクラン 藍藻類スイゼンジノリ由来多糖類】  :DIC(株)

 (18471)
日本固有の淡水藍藻類であるスイゼンジノリから抽出される多糖類であり、高い保湿性、抗炎症効果やバリヤ性などを生かして様々なスキンケア製品へ応用されています。

【100%植物由来の樹脂を使用した発泡PLAシート】 : (株)リコー

 (18474)
100%植物由来の樹脂を使用した発泡PLAシートを実用化しました。
しなやかさと強さを両立したリコーの発泡PLAシートは、発泡倍率を変えることが可能です。用途に応じて、緩衝・梱包材料から商品トレイまで幅広く対応。

【みかんの皮から作る高機能ペースト MaCSIE】 : 愛媛製紙(株)

 (18477)
ジュース工場の搾汁残渣を有効利用した高機能ペーストです。
柑橘の皮に含まれるセルロースを解繊することで、分散安定化や乳化補助といった機能性を持っています。自然由来原料として化粧品・食品分野への利用が可能です。

37 件
〈 1 / 2 〉

関連記事