プロジェクトS

【AIで未来を創る挑戦者たち Vol.2】世界をユカイに。周りが元気になれるロボットづくりを目指すユカイ工学株式会社/プロジェクトSDGs ×「Innovation LAB」第2回

2021.08.31

NTTPCが推進するAIコラボレーションプログラム『Innovation LAB』とソトコトNEWSがコラボレーションした連載企画「AIで未来を変える挑戦者たち」。AIで日本の未来を変える企業にビジョナリーな想いを聞く。

コミュニケーションロボットや自由に試行錯誤しながら形にできるロボットキットなど、楽しい気持ちになれるロボットを生み出すユカイ工学。ユカイでかわいいロボットたちが、世の中に浸透しやすい仕組みづくりにも取り組んでいます。どのようにして様々なヒット商品を生み出しているのか。今回はユカイ工学株式会社 代表 青木 俊介氏に、エモーショナルなロボット開発や未来の姿についてソトコトNEWSプロデューサーの飯野がお話を聞きました。

一緒にいると頑張れそう。力を引き出すロボットづくりを目指す

飯野:ウェルビーイングの話のほうが、本当の意味でのSDGsじゃないかなと。われわれも未来をつくるウェルビーイングを意識しています。ところでNTTPCさんが運営するInnovation LABさんとのコラボには、どのような取り組みを期待されていますか?

青木:コミュニティーをつくっておられるとお聞きしているので、AIを使って新しいことをやっていこうという企業さんとつながるチャンスがあるというのは期待しているところです。イベントができるようになったら、ぜひ参加させていただきたいと思っております。

飯野:SDGs、未来をつくるというテーマで、今後どのような未来を世の中の生活者に届けたいですか?

青木:社内では、ドラえもんの話をよくしますね。ドラえもんがやってきた理由は、のび太をまっとうにするというのが一番の使命だったりするわけですよね。人間は誰しも、のび太みたいな部分があると思うんです。のび太でもロボットが一緒にいるともう少し頑張れたり、まっとうになれたり。これをヒントに、人を勇気づけたり、その人本来の力をもっと引き出したりできるサービスを提供していきたいですね。


〜プロジェクトSDGs ✕ Innovation LABとは?〜

NTTPCが運営するAIコラボレーションプログラム「Innovation LAB」にパートナーとして参加しているAIスタートアップ企業各社の社会・産業課題へのアプローチやその原動力となる“想い”、“ビジョン”にフォーカスし、エモーショナルな観点から企業の取り組みを幅広いステークホルダーへ伝える広報活動です。
20 件
〈 2 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る