ソトコトサロン

動物としての人間に本当に大切なもの/インターナショナル教育とSDGs 第2回

持続可能、そして世界で活躍できる子どもを育てる教育を考える連載「インターナショナル教育とSDGs」、第2回目は「動物としての人間に本当に大切なもの」になります。

最近、マスコミやネット上でSDGsということをよく見聞きするようになりました。また、都会のビジネス街では、カラフルなSDGsバッジを胸につけて歩いているサラリーマンたちを目にするようになりました。

SDGs(Sustainable Development Goals)、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されていますが、では、そのS(Sustainable)、即ち「持続可能な」とは何が、または誰が、「持続可能」なのでしょうか?よく「持続可能な地球のため」とか「地球を救おう、守ろう」ということを耳にしますが、気温が少々高くなろうが、気象の変化が激しくなろうが、はたまた、人間の間の貧富の差が大きくなろうが、地球は、「持続可能」です。


現在、推定されているように太陽の寿命が100億年くらいで、残り50億年くらいだとすると、地球もあと50億年くらいは「持続可能」であるとも考えられます。ちなみに、人間(ホモ・サピエンス)の歴史は、これまで46億年と言われる地球の歴史の中で、20万年程度だと言われています。人間の存在期間は、地球が「持続」してきた時間の長さから考えると、ほんの一瞬の出来事です。

即ち、そもそも地球は、人間が絶滅し地球上からいなくなっても存在し続けますし、地球という大きな存在を前に、地球上に住まわせてもらっている一(いち)生物の分際で、「地球を救おう」などと言うのは、少し傲慢な感じもします。このことから考えると、SDGsのS「持続可能な」を目指すのは、地球ではなく、「人間の快適な生活」だと分かります。


そして、この「人間」は、地球に生存する動物の一種です。このことは、都会で生活し、人や人工物ばかりの中で生活を送っていると、忘れがちであったり、意識することがあまりなかったりするかもしれませんが、紛れもない事実です。その為、動物である人間が生きていくには、最低限、水や空気、食べ物が必要となりますし、ある程度の快適さを求める中で、住まいや衣服が必要となります。

ローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンス(以下、弊校)では、この人間が生存していくための根源となるものを認識し、その大切さを学ぶための授業を実施しました。対象は、幼稚園の年長さん(イギリスのカリキュラムに準拠する弊校では、小学1年生)でした。


無人島に漂着したという設定のプロジェクトです。まず、水を確保するために、(漂着したと想定された)ペットボトルなどの透明容器を使用して、空気中の水分を昼夜の寒暖差を利用して集めました。この結露については、理科室で実験し、その原理、即ち、温められた空気が冷えると水が出てくることについて学びました。


次に、食べ物を確保するため、ペットボトルを加工して、魚取り用の罠を作り、実際に学校の水槽で魚が掛かるかどうか実験しました。また、陸上の小動物を捕まえるための単純な罠を考えたり、身近な食べられる植物について学んだりしました。

そして、廃材を利用しての住まい作りでは、建てるのに最適な場所や方向を考え、友達同士で話し合いながら作りました。また、衣服を作る際には、どの素材が保温性に優れているかについて、ゆで卵を包んで冷蔵庫に入れ、ゆで卵内の温度変化を計測して学びました。更に、調理や暖を取るために必要な火についても、火起こし器を使ってみて、どれほど火を起こすことが大変かも体験しました。

この無人島プロジェクトは、大変楽しいプロジェクトでしたが、楽しい中にも、生徒たちは、自分たち人間が動物であり、生きていくために、他の動物同様、空気や水、食べ物が必要であり、住む所があって、着るものがあって快適に暮らすことができていることを体験を通じて学んでいました。水、空気といった普段意識せず、当たり前のようにあるものの大切さについて理解した子も多かったのではないかと思います。


そして、このことは、SDGsに関する取り組みを実施していく上で、その根本となる大切なものだと考えています。現在、SDGsに関して、世界各地で様々な取り組みが行なわれていますが、それらが、どんなに大規模で、どんなに高度な技術を用いた取り組みであっても、その実施に当たっては、まずその根幹として、何(誰)の為の取り組みなのか:即ち、地球の為ではなく「人間の快適な生活」の持続可能性を目指したものであること、そして、そのために、最も大切で守ろうとしているのは何なのか(空気や水、食べ物など)を頭の中に明確にした上で、取り組んでいくことが必要だと考えています。

ローラスインターナショナルスクール・オブ・サイエンス  サイエンス顧問 
村上正剛さん

オーストラリア、マレーシア(ボルネオ島)にて環境教育に従事。東北大学、北海道大学の他、カナダやオーストラリアの大学(院)にて、人と自然との関わりや科学技術コミュニケーション等について研究。現在も引き続き京都大学にて研究中。
7 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る